■ Information ■

低コスト累代血統の道

今年ブリードしたオキマル。
種の保存法に指定されており有償無償を問わず販売も譲渡なども一切の取引が禁止のため、採れ過ぎ注意で中ケース2セットのみだった。

後半にセットした方は採卵を行い、全て孵化して順調に育っている。

前半のセットは来年2月割出し予定で放置していたがマエダマルバネ用の産卵マットが足りなくて流用のため、今回割出しを行った。

ケース側面に数頭の幼虫が見えておりソコソコ良い結果であることは分かっていた。

既に幼虫が見えている。



マットを割ってみたらこの状態^^;

これはヤバィかも?



結果、



62頭。

採り過ぎた^^;

マルバネの飼育は赤枯れ等の高価なマットを利用するので困っていたが、某SNSでアドバイスを頂いた低コスト累代血統の作成にチャレンジしようと思う。
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

30gの壁は高過ぎて

昨年孵化組のマルバネ幼虫餌交換がやっと半分ほど終わりました。

ヤエマルは先日ご紹介した23gを超えるものは現時点で出ていません。

2産地いるオキマルの1産地分の最大は26gでした。



次点は25g。



最小は20g。

もう1産地は容器越しに見える大きさがあきらかに小さいので期待できません。

マイマルバネクワガタ飼育バイブルである「日本のマルバネクワガタ」に里さんが書かれている記事では、国産マルバネはほとんどの種類で30gを超える、と書いてあります。

・・・今の所、30gを超えられる気は全くしません^^;

ネブト4齢幼虫

【雑記】
秋葉原「たん清」
一部の方たちには結構有名な焼肉屋さん。

20代後半から30代初めの頃、残業後に毎週のように通っていました。
昔はかなりリーズナブルなお店でしたが狂牛病騒ぎ後は普通の価格になっちゃいました^^;

今日は、息子の「青少年の翼」合格祝いで行ってきました。
「青少年の翼」は江戸川区在住の中高生を5か国(アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド) に派遣して海外体験させる事業です。

第1希望はイギリスでしたが、息子の行先は一番人気の無いニュージーランドのようです。
ニュージランドなら、どんなクワガタが採れるのかな?と調べ始めたところで、7月~は真冬ということを思い出しました。
どおりで人気が無い訳です(笑)

さて、焼肉。



やっぱり旨いです!!

上たん塩はもちろんですが、一番のおすすめは豚ロース塩。



豚肉の甘味が感じられ最高です。

新メニュー、厚切り特上ロース



柔らかくて、旨かった^^;

【飼育】
今年の3月、規制前のオキナワマルバネ幼虫採集時に採集したネブトの3齢幼虫。

加齢して4齢になりました(笑)



倒木から出た幼虫でネブトかと思っていたのですが^^;

初日から本命が採れていたということになりますね。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー