■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルバネマット作成

今月の初めに採取した赤枯れ材の一部の乾燥が終わったので、マルバネの産卵セット、初齢幼虫飼育用のマットの仕込みを実施した。

コーヒー用ミキサーで赤枯れ材を粉砕したマットと無添加完熟マットを利用。



飼育の神様Sさんの教えを守り7:3の割合でまぜる。



混ぜ完了。



加水後に、冷凍庫で雑虫対策を実施したマルバネ幼虫飼育で使用した喰いカスを投入。





攪拌をして水分調整をして終了。



24℃環境にて1ヶ月ほど熟成させれば完成!
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

マルバネマット Step4

【飼育】
マルバネマット自作シリーズです。
現在までにStep3まで終わってます。

Step1 乾燥
PB281624.jpg PB281626.jpg PB281629.jpg
採取してきた赤枯れ材を適度に砕いて天日干しで乾燥させます。

Step2 粉砕
PC161738.jpg PC161741.jpg
ゴムハンマーと土嚢袋を使って細かく粉砕しました。

Step3 微粒子化
P1241912.jpg P1241914.jpg
ミキサーを使い微粒子化しました。
赤枯れ100%マット完成です。


そして、今回はStep4です。
赤枯れ100%マットにブレンドするマットの作成です。

ウチでは数少ない菌糸飼育種の使用済み菌糸カスです。

P3282266.jpg

これをケースに入れて雑虫対策をして2ヶ月ほど寝かせます。

2ヵ月後
P3282268.jpg

写真では分かりにくいと思いますが、黒化して結構フワフワなマットが出来上がります。

こちらのマットを乾燥させて、使用する1ヶ月ほど前に赤枯れ100%マットと混合して加水して使用します。
そちらについては、また後日Step5としてご紹介します。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

完熟マット



久しぶりに○○ュ○○マットを購入しました。
この激安マットの数年前の発売当初、当時ヘラ系を多く飼育していたこともあって何回か購入していました。

ヘラ系幼虫の成長は良いのですが雑虫が多かったり一夜茸が多く発生したりでいつからか購入するのを止めていました。

以前は水分が多くべちゃっとしたマットだったと記憶していますが、以前よりも水分が控えめになり普通のマットのような感じに変わってますね。



今回の購入理由は、実験のためです。

生オガや朽木粉砕マットなどを種マットにして自作マットを作っているのですが、この 方法で完熟マットを作成するのはかなりの時間と労力が要求され(ると思い)ます。

廃菌床をベースにしたカブトマットを使えば簡単に完熟マットができるのでは?と思ったからです。

自作マット作成機に投入。



今回は追加の添加剤などは一切いれてません。 水分も控えめに500ccのみ。

スイッチオン

・・・1日経過後



・・・発酵スピードかなり早いです^^;
色を見ても既にに完熟っぽいですね。



まさか1日でここまで完熟っぽくなるとは思いませんでした。

・・・ただ、ほとんど手間をかけていないので自作と言って良いのかわからないレベルですね^^;

また廃菌床マットはキノコ栽培時にどんな添加材を使っているのか分からなく危険な要素もあると思います。

使用する虫は慎重に選びたいと思います。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

For business

この記事はブロとものみ閲覧できます

赤枯れマット改めマルバネマット Step3

寒いですねぇ~
西日本では数十年ぶりの最強寒波らしく沖縄本島でも観測史上初の降雪のようですね。
東京東部は土曜日の午後に少し霙交じりの雨が降った程度でした。
日曜日は強風が凄くて、カミサンが洗濯物を飛ばしてしまい東京電力のお世話になっておりました^^;
東京の方、すみませんでしたm(_ _)m

日曜日のお昼過ぎから外で容器の洗浄や自作マット用の水の仕込みなどをしておりましたが、指先の感覚が無くなってしまうくらいの寒さでした。
先日までの暖冬が本当のウソのようです。

早く暖かくなって欲しいです。

さて、アクシデント発生のため一時中断していた赤枯れマット改めマルバネマットの自作を再開しました。

前回の記事はこちら

乾燥してゴムハンマーで砕いた状態です。

砕いた赤枯れ材を再度乾燥させ、その後ミキサーを使いさらに細かくしました。
パウダー状の微粒子となりかなり良い感じに仕上がりました。

P1241912.jpg P1241914.jpg

これで赤枯れ100%マットの完成になりましたが、この状態ではマルバネには不向きのようです。

むし社発行の「日本のマルバネクワガタ」において、尊敬する里さんが執筆された”累代飼育法の奥義!”にマルバネマットの作成方法が詳しく書かれておりそこに記載されていました。
・・・σ^^は、そのマルバネマット作成方法を参考というか、丸パクリして作成しておりました^^;

詳細はそちらを参照いただくとして赤枯れ100%マットに他のマットをブレンドする必要があるそうです。
記載されている方法に従いσ^^も準備を進めていたのですが、大量のコバエが発生してしまいました(>_<)

十分注意して作業していたつもりでしたが・・・とほほ・

現在、別の方法でブレンド用のマットを準備中です。
こちらは、また別の機会に記事をアップしたいと思います。

自己採集の西表島産ヤエヤママルバネの幼虫は順調に成長しております。

P1071881.jpg P1071884.jpg

そして石垣島産マルバネの孵化も確認しました!

P1171900.jpg

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。