FC2ブログ

■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セット解体(ベルティペス水苔版)

まんじさんの昨日のブログ記事のギャザニョロですが、ウチのマヤックスも確認しました。

orz。
トゥーギャザーでした(涙)
2ニョロがギャザニョロです。

1頭目~



2頭目~



遺伝などの内的要因なのか、ダニー先輩やマットなどの外的要因の問題なのか原因が分からないだけに対処ができないのは厳しいですね。
この状態で成虫まで育つのかも心配ですが今のところ元気なようです。


さて、本日のカブクワは、ベルティペス解体編です。

セット開始から約1ヶ月経過しちゃっています。
本当は2~3週間で次セットに変更していくのがσ(^^)のスタイルでしたが色々あって延び延びになっちゃっていました。

前回のは、水苔の減りも少なく今一でしたので、同日にセットした別セットでのご紹介になります。
こちらのセットは、マットも少なめで途中での水苔追加も実施していませんでした。


解体前の状態です。



マット上の水苔はほとんどなくなっています。

これを通常のカブトセットのようにバサーとやると、水苔の塊がでてきます。



通常セット時はマットも多く、水苔も途中で追加しているので上よりももっと多くの塊がでてきます。
今回は少ないですね。

この水苔の固まりは先端から崩していくと、下のような感じで小さい塊に分割されます。





この塊の水苔を慎重に解していくと~



出てきました~、真珠のような卵です。
このような卵は孵化してくれる可能性が高いです。
産んだばかりの卵はタイ米のように細長いのですが、解体時にそのような卵がいっぱい出てくると無精卵地獄かもしれません。
あと明らかに小さい卵もでてきますが、それも孵化しない卵です。

今回、解体まで約1ヶ月を要していましたのでやっぱり居ました!




ニョロです。
こんな感じで卵室内に納まっています。
このように卵室が水苔だけでなくマットも混じっている場合は大丈夫なのですが、卵室のすべてが水苔でできている場合がありその場合は問題があります。
問題とは、卵室内でニョロが餓死しちゃうのです。
過去にムニスで数多くの餓死を経験しました。
よって水苔セットの場合は、ニョロ回収ではなく採卵をお勧めします。

さて、今回の結果ですが、4ニョロ+卵15~20個くらいでした。
卵は夜遅かったので数を数えずにPカップのマット上にばら撒き状態にしてあります。
本日の帰宅後にでも通常の卵管理にしようと思います。

爆産、大成功とは行きませんでしたが、まずまずの結果で満足ですv(^^)

スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。