■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島 夏季採集(2016年) 3日目

【雑記】
遅くなりましたが、奄美大島 夏季採集(2016年)の最終日です。
この日は、採集は無しで次回のロケハンを実施しました。

【採集】
パナトラ解体後、宿に戻って朝御飯を食べる。
この時点で一睡もしていないけど、眠くは無く食欲はある。
時間が早いこともあり朝のバイキングの料理は前日とは違い無くなっているものはなかった。
食堂から見える庭では、ヤギも朝食の最中だった。



沖縄ならほぼ家畜なんでしょうが、奄美は鹿児島県・・・
ペットだと良いのだけれど・・・

帰りの飛行機は、奄美空港18:15発
バナトラの片付けも終わり、最終日は、ほぼ1日フリー。

最終日の予定は「有名産地&観光地に行こう!」と決めていました。

アマノコの有名産地(かつての)の金作原や油井岳他、アマミマルバネの有名産地の烏帽子岳や○○他などなど。
後は、ホノホシ海岸とかの観光に。

北部にあるホテルをチェックアウ後、すぐに南下を開始。

数km走ったところで激しい睡魔に襲われ、ウトウトしそうになった。

ここに来て一睡もしていないことの弊害が。
このまま強行しては、間違いなく事故るので道路脇の駐車スペースに車を止めて仮眠をする。

15分ほどで起きる予定が1時間半ほど寝てしまった。

かなり時間をロスしたが、おかげで頭もすっきり眠気もなくなった。

有名産地を見て回り、奄美大島南部の烏帽子岳を目指す。

有名産地は、原生林だらけで自然が多く残っている素晴らしい場所ばかり。

本土ノコの生息地とはちょっと違うようですね。
あっ、でも南東北の原生林での灯火採集でも本土ノコは飛来するので、原生林=ノコが居ない、は成り立たないか^^;

結局、烏帽子岳についたのは13時を過ぎていました。

奄美大島の大きさを完全になめていましたね。

荷物の整理や自宅への荷物の返送、ラスト鶏飯(笑)を考えると、空港に向けて北上しなければならない時間になっています。

ホノホシ海岸の観光は諦めて、空港に向けて北上を開始しました。

南部の小さな集落にある郵便局から、自宅への荷物の発送を行いましたが、郵便局員の対応ののんびりさには驚きました。
20代と思われる局員さんの対応が、なかなかすごかったです。
何度も同じ質問(旅行の目的)を聞かれたり、荷物のサイズを何度も測りなおしたり(5回は測りなおしていました)^^;
余裕をもって空港まで戻りたくて急いで居ましたが、怒りとかは全く感じず、なんだかほっこりした気分になりました。

奄美のラスト飯は、やっぱり鶏飯!
未訪問のお店にするか、「ひさ倉」にするか悩みました。

結局、営業時間の関係で「ひさ倉」に再訪問することに。
(ひさ倉は、11:00~夜まで通しで営業しています)

16時過ぎにひさ倉に到着。
注文は、「鶏飯+「焼き鳥(塩)」。



鶏飯は、変わらずの旨さでしたが、焼き鳥のクオリティも高かったです。
ご飯のお替り、スープ(鶏飯の)のお替りが無料でしたのでごはんをお替りしちゃいました。
※1日目にお替りの話はお聞きしませんでしたので、鶏飯と焼き鳥を頼んだから、お替りが無料になったのかもしれません。
(ちなみに2日目のみなとやは、ごはん、スープのお替りは有料とメニューに記載されていました)

レンタカーの返却をして、空港についたのは17時過ぎ。
預け荷物を目の前でX線チェック。
1つめの荷物はすぐにチェックが終わりましたが、2つめは画像チェックに時間がかけられました。
「やばい、水銀灯がひっかかったか?」と思いましたが、なんの質問も無くチェック完了でした^^;

水銀灯は預け荷物で問題無い可能性はありますが、こんなにドキドキするのはもう懲り懲りなので、今後は事前に発送しようと思います。

ほぼ定刻通りに、奄美を出発して鹿児島に到着。
羽田空港上空の荒天の影響により、定刻よりも40分ほど遅れて鹿児島を出発。
22時前に羽田に到着しました。
リムジンバスと地下鉄を乗り継ぎ23時には自宅に戻れました。

鶏飯を食べたくて、決行した奄美遠征。
目的の鶏飯は想像以上に美味しくて、これを食べるためだけに奄美に行っても良いかも?と思えるほどでした。

採集の方は、事前の調査をほとんどせずに臨んだ割には、多くの個体も採集できました。
種類としては、以下の4種類。
アマミノコギリ
アマミヒラタ
スジブトヒラタ
アマミコクワ
アマミノコの最大は71mm、スジブトの最大は60.5mmと今一な結果です。

次回(来年?)は、事前の調査はもちろんのこと、パナトラの数も大幅に増やし、BLTなどもやってみたいと思います。

奄美大島夏季採集(2016年)了
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

奄美大島 夏季採集(2016年) 2日目

【採集】
疲れていたのか爆睡してしまい、8時に起床。
短期遠征なのにもったいない。

宿の朝食に向かいます。

P7032951.jpg


奄美感をほとんど感じられないバイキング。
7時からやっているので、すでに無くなっているものもチラホラ。
補充されない料理もあってちょっとガッカリ。
奄美なものとしては、飲み物にミキがありました。
(上の写真の紙コップに入っているもの)

自米と砂糖とサツマイモと水が主原料で、甘酒をさらにドロドロにした感じの発酵飲料です。

味は・・・まずくは無いですが旨くも無かったです。
このドロドロとした感じが飲み物を飲んでいるものではなく、病院の流動食を食べているような感じで中学生時代の入院生活の辛かった気持ちが想起されました。

午前中はバナトラのお引越しを実施です。
成果の悪かった場所のバナトラを撤去して、成果の良かった場所へ。

バナトラ改修中に、またやってしまいました。

長竿破損(>_<)

昨年の久米島遠征時に8.1mの竿を破損しましたが、今回は7.2mの竿です。
とほほ。
いつも遠征時には長竿は2本もちですので、バナトラの回収や再設置に問題は無いのですが・・・
新しい長竿の調達コストが痛いです。

真昼間なのに、バナトラに数頭クワガタは来ていました。

P7032957.jpg

40mmの大型♀

P7032959.jpg

挟まれ傷が痛々しい。
大型の♂が居るのかも?と夜に期待です。

昼食は、本日も「鶏飯」
そう、これが奄美遠征の主目的ですので^^;

2日目は「みなとや」さん。

P7032956.jpg

こちらもひさ倉同様に有名店で、観光客でいっぱいでした。
もちろん「鶏飯」を注文

P7032954.jpg
やっぱり旨い!

でも、ひさ倉とは大きな違いがありました。
ひさ倉よりもコッテリといいますかワイルドな感じがあります。
もちろんネガティブな意味ではなく、鶏飯って鶏料理なんだなと強く感じるといいますか。
その理由はすぐにわかりました。
スープに鶏油が浮いていてそれがアクセントになってワイルド感が出ています。

ひさ倉はどんな人でも、どんな時でも(たとえば風邪を引いた病気のときでも)おいしく食べられそうですが、こちらは鶏の脂が苦手な人や病気のときはきついかもしれません。
ただ、こちらのお店も本当においしかったです。

昼食後は、奄美中部の方にロケハンをしました。
灯火場所の探索と次回(があれば)の採集候補地の探索です。

標高をあげると南東北の灯火採集地のような灯火に良さそうな場所は多くありますが、ノコがたくさん居そうな低地で灯火に良さそうな場所はあまりみつかりませんでした。
それにしても奄美は広いですね。
中部のほんの一部をロケハンしただけでも、あっという間にガソリンが消費されてしまいます。
ガソリンタンクに穴でも空いてるんじゃないか?というくらい。
でも、走行距離をみると結構走ってします。
奄美の採集を満喫するためには、2泊3日ではなく10日とか1ヶ月くらい欲しいですね。
虫関係の仕事をしていない社会人には夢の話でした。

P7032967.jpg
ロケハン時に見つけた風力発電の風車。

2日目の灯火場所は、前日にスジブトヒラタが多く採れた場所近くにしました。
400w水銀灯は炊かずにHIDハンディライト2灯のみで勝負です。

開始早々、大型甲虫の飛来!

P7032970.jpg

サイカブトぉ・・・

orz。
お前じゃない!感マックスでした。

ライトの途中で、近くのパナトラを定期的に確認すると単発でポツポツと中型のノコがついています。
スジブトのミカンの樹は、巡回時に必ず1頭はついているような感じでした。

なぜか、灯火やバナトラやミカンの樹から離れた場所を歩行するスジプトヒラタ♂やアマミヒラタ♂も採れました。
灯火のほうは前日と同様にパッとせず、10頭も飛んでこなかったと思います。

少し早めに切り上げてパナトラの巡回に。

3場所に集中させたので昨夜よりは楽ちんです。

1場所目。
バナトラ12個。

当たりでした!
新しく設置したバナトラに多くのノコがついていました。

さらに、金粉個体も複数頭まじっています。

3場所中、2場所は当りで巡回の度にあらたにノコがついているような感じでした。

ただ70mmを超えるような個体はこの時点で採れてません。

最終日の3日目はやりたいことがあり、2日目の夜の間(日の出前までに)にバナトラの回収と解体を行おうと思っていましたのでいったん宿に戻りお風呂に入って最後のバナトラ確認に向かいました。

確認順序を変更して、一番大型の可能性があるポイントから確認。
1つ目のバナトラには、コメツキのみ。
バナトラも無事に回収。

2つ目のバナトラには、大型のクワガタを発見!
テンションMAXで回収を始めようとしたときに事件が起きました。

長竿の網でバナトラを掬い枝から外そうと力を入れた瞬間、突然網が萎みました。

何が起きたのか一瞬わかりません。

大型個体がどうなっているかも心配です。
なんとかバナトラを枝から外すことができ網を確認しました。

・・・網のフレームが根本から折れとる。とほほ。

大型のノコ♂は無事に網の中に居たのは不幸中の幸いです。
ホッとしたのも束の間、残りのバナトラの回収をどうするか?という問題が。

荷物の中に針金が入っていたのを思い出して、応急処置を実施。
モタモタしていると、日が明けてしまう、という焦りからかなかなか上手くいかず時間がかかってしまいました。

なんとか応急処置も終わり、その場所の全てのバナトラの回収も行いました。
この場所は、大歯が多く採れました。

応急処置に時間がかかってしまったため、空が明るくなり始めてきました。
残り2場所の回収ですが、数採りができ金粉個体が多かった場所に先に向かいます。

・・・その場所に到着した時点ではすっかり日も昇っていました(>_<)
12個のバナトラには1頭もクワガタは居ませんでした。
日が昇ったからなのか、誰かに抜かれたからなのかは分かりませんが・・・

3場所目も、クワガタは居ませんでした。

網が壊れたと同時に捕獲した、今回の遠征のアマミノコ最大個体。

P7083024.jpg

71mm・・・ショボい。
なんとか70mmオーバーが採れました。

ミカンの樹に来ていた今回の遠征のスジブトヒラタ最大個体。

P7083030.jpg

60.5mm・・・ショボい。
こちらもなんとか60mmオーバーが採れました。

2日目の金粉個体。

P7083005.jpg P7083007.jpg

この♂♀が今回の遠征の中で一番金粉がのっている個体でした。

以下のレベルの金粉個体はそこそこ数は出ました。

P7083013.jpg

奄美大島 夏季採集(2016年) 3日目に続く~

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

奄美大島 夏季採集(2016年) 1日目

【雑記】
火曜日の夜、efdenさんとプチオフ。
里帰り交換会。
グランディスコフキ♀単1頭をefdenさんに里帰り
ウチには、オキノ工ラブヒラタ成虫多数が里帰り

2013年に自己採集したオキノ工ラブヒラタ野外品からの累代品。
WF1幼虫を多くの方にお譲りしたと思うのですが、誰に譲ったのかはいつものごとく忘れていました。
ウチにはオキノ工ラブヒラタは虫友さんに譲渡予定の1ペアしかいなかったところ、efdenさんから
オキノ工ラブヒラタ撤退をお聞きしたので全頭引き取りました。

プチオフの場所は、赤羽のうどん屋さん「すみた」。
10年以上通っている、さぬきうどんの名店です。

うどんだけではなく、おつまみも美味しいので夜にお酒を飲むため通ってます(した?)。

日本酒を飲みながら、おでんやてんぷらをつまみにして、〆はうどんです。







今回の〆はなめこおろしぶっかけ。



やっぱり、何食べてもうまいなぁ~

efdenさん、楽しいひと時をありがとうございました。
毎月「すみた」でプチオフの提案は少し考えさせていただきます(笑)

【採集】
奄美大島 夏季採集(2016夏) 1日目

朝6:25分羽田発の飛行機のため、4:00に起床。

地下鉄の最寄駅の2駅先からリムジンバスが出ているのですが、リムジンバスの始発には地下鉄の始発に乗っては間に合いません。
タクシーを乗りに最寄駅に向かいますが、プチトラブル発生。
タクシーが居ない(>_<)

今回の遠征採集の中で一番焦った瞬間でした。

10分ほど待っていたところでやってきたタクシーに乗ることができ無事に始発のバスに乗れました。

空港到着後、すぐに荷物を預けました。

・・・審判の時が始まります。
荷物に入れた水銀灯がアウトか否か・・・

空港の呼び出しアナウンスに注意しながら、手荷物検査上に向かいます。

灯火総研さんのHIDライト2台+外付けバッテリ2台を持参していますのでいつもドキドキです。
今回は検査にひっかかり、バッテリの容量チェックをされましたが問題無しでした。

P7022881.jpg

搭乗開始時点で、呼び出しはなし。
今のところ荷物のほうは大丈夫のようですが、離陸するまではわかりませんからね。
飛行機に搭乗し自席にて朝食タイム。
最近、マイブームのカツサンド。



・・・冒険しないで、まい泉のを購入すれば良かったと少し後悔です。

全ての人の搭乗も終わり飛行機のドアも閉められました。
どうやら、心配していた荷物は問題なかったようです!

鹿児島空港経由で竜美大島空港に向かいます。

P7022889.jpg
富士山

梅雨空で雲が多く綺麗には見えませんでした。

鹿児島空港到着。

P7022898.jpg

数年前の沖永良部島遠征以来です。

P7022902.jpg
待合室。懐かしい。

乗継便は、こちら。

P7022907.jpg
SAABです。

座席は、横1列+2列の3列でAとCが窓側です。

ほぼ定刻通りに奄美空港到着。

P7022930.jpg

前回の八丈島のようなアクシデントは無く、スーツケースは無事でした。
もちろん水銀灯も割れていませんでした。

レンタカーを信りて最初に向かうのは、もちろんこちらです。
ひさ倉。

P7022942.jpg

今回の遠征の一番の目的である、「鶏飯」のお店です。

注文する料理は事前に決めていました。
「鶏刺し+鶏飯」

P7022937.jpg P7022939.jpg
P7022940.jpg

具材を御飯の上に載せ鶏のスープをかけてお茶漬けのようにして食べるシンプルな料理ですが、想像以上の美味しさで、これだけを食べに奄美大島に再訪したくなるくらいです♪

今回の遠征の目的を早々に達成しちやいました^^;
後は、ついでの採集です(笑)

前もって送っていた荷物を郵便局で受け取ってからバナナトラップの設置場所とライトトラップの実施場所を探して彷徨いました。

バナナトラップの設置場所は・・・・
良さそうな場所がありすぎて、設置場所を決められずに時間だけが過ぎて行きました。

BE-KUWA35号によると、「どこでも採れるが沢山採れるところと採れないところがある」とのこと。
であれば、1日目は数少ない28個のバナトラを複数個所に分散し1日目の結果を見て2日目に見直そうと決めました。

かなり日も傾いてきたので、5箇所ほどに分散してバナトラをしかけました。

宿のチェックインを済ませ、ライトトラップの場所を探します。

ノコの居そうな開けた林の近くは、民家(農家)があったりでこちらも場所が決まりません。

どこでも採れるという情報を信じて、民家の無い山に入ることにしました。

南東北だったら灯火採集にばっちりな場所があったのでそちらで炊くことに。

今回の灯火機材は豪華です。
灯火総研さんのHIDハンディライト×2と頑張って運んだ400W水銀灯です。

車のバッテリ直付けのインバーターですので、不測の事態を想定して事前に携帯電話の
つながるところで点灯実験して行きました。

日が暮れて、スイッチオン。



400Wはやっぱり明るいですね。

HID八ンディライトは、少し離れた場所で点灯しました。

400W水銀灯が竜美の夜を照らします。

あっ、インバーターとは写真のようなものです。



車のバッテリーにワ二口クリップで直接接続し、12V(24Vのもある)を100Vに変換してくれます。
シガーソケットに繋げる方法もありますが、200W以上のものを接続するとシガーソケットのヒューズが確実に飛ぶと思います。

すぐにクワガタの飛来があることを期待したのですが・・・・
まったく来ません(>_<)
アオドウガネと蛾ばかりです。



1時間ほどたっても何も飛来しませんでしたが、その後小型のアマミノコ♂が来ました。
坊主は免れましたが、ショボイ結果です。

その後、ポツポツと飛来はありましたが、どれも小型個体ばかり。
アマミらしさのかけらも無いモノばかりです。

灯火がダメなのではなく、多分、ポイントが悪かったのでしょう、とほほ。

結局23時頃まで灯火しましたが、10頭ほどの飛来でした。



灯火終了後、バナトラの巡回を実施。

1場所目。5個のバナトラを設置。

大量のコメッキのみでクワガタはまさかのボーズ・・・玉砕。

2場所目。8個のバナトラを設置。
フラッシュライトでバナトラを照らすと、今回ははっきりとクワガタのシルエットがありました。
中型個体をそこそこ採集。
やっと採集している感じになってきました。

3場所目。5個のバナトラを設置。
2m弱のタブの幼木にしかけたバナトラに3頭だけ来ていました。

4場所目。5個のバナトラを設置。
タブとサイカチの樹に仕掛けましたが、タブのみ複数頭のアマミノコが採れました。

次の場所に向かおうとしたところで、ミカンの樹が数本植えられているのを発見。
無性に気になって確認してみると、スジブトヒラタ♂を発見。

P7032945.jpg

地面には複数個の亡骸もありました。

よくみると♂が複数頭張り付いていました。

P7032947.jpg

全て採集して裏側に回ってみると、また居ました。

P7032949.jpg

ペアぁ~!
結局、このミ力ンの樹だけで10頭ほどのスジプトヒラタを採集できました。

5箇所目。5個のバナトラを設置。
1箇所目と同様に実験的な場所。

海岸沿いの道路から少し入った舗装された細くて短い道路。
雰囲気がとても良かったので実験的に仕掛けた場所。

この場所は当りでした。
サイズ的には大きくないですが。

大歯が複数交じり数も2場所目に続く好結果でした。

すべてのバナトラの初回確認は完了、灯火終了時にはどうなることか?と思いましたがサイズはともかく数はそれなりの成果になりました。

2回目のバナトラ確認に向かおうとしましたが、睡魔に勝てずに眠ってしまいました。

1日目のアマミノコの最大個体



サイズは67mmと大きくないですが、形がアマミしていて好みの個体です。

1日目の金粉個体



金粉も数頭採れました。

採集時には、アマミヒラタとして整理していましたが、アマミコクワ♀でした^^。



奄美大島 夏季採集(2016年) 2日目に続く~

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

奄美大島 夏季採集(2016年) 準備編

【雑記】
今回の遠征採集は、表題の通り奄美大島でした!

7/4 (月)の23時前に無事に2泊3日の短期遠征採集から帰宅しましたが、睡眠不足と疲れにより ヘロヘロで仕事終わりに自宅でPCに向かう時間がまったくありませんでした。
疲れもおさまり、睡眠不足も解消されつつありますので、ぼちぼちと採集メモ(食べ歩記?)をアップしたいと思います。

【採集】
数年前から一度は行ってみたかった奄美大島。
行きそびれていたら採りたい虫は規制種になってしまい、後回しになっていました。

日本産ノコギリクワガタの中でとびっきりカッコいいアマミノコギリは採集可能ですが、正直、どうしても採りたいとは思わなかったんですよね。
今までに何度も飼育もしましたが、イヘヤノコなどの湾曲の少ないノコ達に比べてまったく情熱を注ぐことができません。
こればっかりは好みの問題ですので仕方ありませんね。

ならば何故奄美大島まで行くのか?

はい、どうしても食べたい食べ物「鶏飯」があったからです(笑)

せっかく奄美大島に行くのでついでに採集も! ついでといいつつも準備はいつもと変わらずに実施しました。
今回の採集方法はバナナトラップとライトトラップです。

バナナトラップは、少な目の28個ほどを準備。
ライトトラップは、いつもの灯火総研さんのHIDハンディラ仆です。
今年離島用に新調した400W灯火セットは体調不良で動作確認が遅れて発電機の発送が間に合わず断念しま した。
(※発電機は飛行機の持ち込み、預け不可。宅急便も陸送&船便で日数がかかります)

主な荷物は事前に発送するのですが、奄美までは、 3日間かかるとのことでしたので火曜日の夜がタイムリミットです。

・出発日7日前(土曜日)
荷物を準備しているときに、ふと思いつきました。

車用のインバーターを使えば400Wのライトも使えるかも?と。
すぐにAmazonで1000Wのインバーターをポチしました。
土曜日の夜にインバーターも到着。

・出発日6日前(日曜日)
400w灯火セットの点灯テストを実施。
発電機による確認はOK



インバーターによる確認・・・

自分の車のバッテリ端子にカバーがついておりインバーターを接続できませんでした。とほほ。
とりあえず、安定器の確認はできましたので奄美に送ることに決定です。

ランプホルダ、安定器、インバーター、水銀灯などの灯火セットの梱包は完了。
バナナを購入しに近所のスーパーへ。

5本入りで99円のバナナを購入。



・出発日5日前(月曜日)
仕事から帰宅後19時からバナナトラップの準備を実施。
最寄の郵便局の窓口が21時までなので急いでパナトラを仕込みました。
窓口締切10分前に到着。

ほっとしたのも束の間、問題発生です。

灯火セットの400W水銀灯が陸送扱いになってしまうとのこと。
とほほ。

陸送になってしまうと採集に確実に間に合いません。
悩んだ末に水銀灯だけ抜き、安定器やホルダ、三脚などはそのまま送ることに。
使えない可能性が大きいのに・・・

その日から何とかして7/2の初日までに奄美大島で400Wの水銀灯かメタルハライドランプを調達する方法を考えました。
 奄美の電気屋さんで商品を扱っているところが無いか?
 メーカーの代理店などが無いか?
 ネットショップで7/2の午前中までにレンタカヤーか宿に配送してくれるところが無いか?
などなど。
・・・全てダメでした。

そんな時にふと気付きました。
あれ?灯火総研さんのHIDライトは機内持ち込みも荷物の預けも可じゃないか、と。

水銀灯との違いは大きさくらいだよね、と。

そこで一か八か預け荷物で持っていくことにかけてみようと。

最悪の場合は、空港で没収(処分)されてしまうかもしれませんが・・・

念のため破損時を考慮して厚手のビニール袋を3重にして密閉しました。

発熱も出発日3日前にはおさまり、体調もよくなり万全の体制で採集に望めそうです。

心配なのは、採集地の情報を前日夜の時点で一切調査していないことくらいでした(笑)

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

今期3度目!

今期3度目の遠征採集。
2泊3日の短期ですが頑張ります。
直前まで体調不良でしたので準備不足は否めません。


危なかった。

【雑記】
少々、間が空いてしまいました。

6月17日に人間ドックに行ったのですが、その日から喉が痛くなり、翌日の土曜日から発熱。
土日を寝て過ごしましたが完治はせず、仕事も忙しかったので微熱で仕事をしていました。
熱が完全に下がったのは2、3日前でやっと本調子になってきました。
この時期の風邪は長びきますので皆様もご注意ください。

【飼育】
ティーノさんから頂いた今年羽化のヤエヤマコクワ。
♂も♀も活動を開始し餌を食べ始めていました。

仕事が忙しく3日ほど虫部屋に行かなかったのですが大変なことが起きていました。



♀のPカップです。とほほ。

完全に脱走されてしまったと思いましたが・・・



居ました。
後1日ほど確認が遅かったら脱走されていたでしょうね。

危なかったです。

今年の3月に沖縄本島で採集したネブト3齢と思っていた幼虫が4齢に加齢した^^;記事を書きましたが、そのうちの一つにコバエが発生してしまったため、マット交換を実施しました。



この頭の大きさは間違いなくオキナワマルバネですね。

ネブトと思っていたので、RTNさんのUマットで飼育していたのですが全く問題無く育っていました。
マルバネにも対応できるなんて、その名の通り、流石ユニバーサル(U)マットですね。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。