■ Information ■

さよなら2016

今年も残すところあと少し。
毎年恒例の今年の振り返り!
長文ですがお付き合いいただけると嬉しいです。

2月
今年初採集は2月のポウソウマイマイ。
ヒメマイマイ四天王は掘りで採りたくて挑戦を重ねていた。
挑戦5回目にしてやっと念願のポウソウマイマイをGet!



残り3つは・・・、まだまだしばらくかかりそう^^;

3月
オキナワマルバネクワガタの種の保存法指定の決定を受けて急遽臨んだ沖縄採集。
2014年の秋にマルバネ採集に目覚めたがオキマルよりも西表ヤエマルの採集規制が先と思い後回しになっていた。
できればマルバネの幼虫採集はしたくは無かったのだが自己採可能な機会は幼採のみしか無かった。
フレークは持ち帰らない、持ち帰りも少数のみと自分ルールを作って採集に向かった。
石垣や西表と違ってスダジイの大木がほとんど無く苦戦を強いられたがなんとか幼虫をGet!

P3062115.jpg P3062119.jpg

現在、幼虫飼育中であるが1頭も落ちることなくすくすく育っている。
ネブトと思って採集した幼虫も加齢して4齢になり(笑)、自己採は2産地となった。

P3042095.jpg P3042096.jpg

4月
GWに予定していた八丈島採集。
天候不良で飛行機が八丈島空港に降りられなく、上空待機&着陸態勢からの急加速による離脱で羽田に帰還という稀有な体験をした。

IMG_1965.png P4282420.jpg

GWの採集は時期的に早すぎると思うので結果的には良かったかも。

羽田-八丈島間が日本一欠航率の高い航路ということを身をもって知った。

5月
八丈島採集のリベンジ。
材起こしという初めての採集方法でなかなか楽しかった。

サイズはともかく現在八丈島で採集できる以下5種類のクワガタすべて採集でき満足な採集だった。

1.ハチジョウノコギリ

2.ハチジョウコクワ
P5152672.jpg
3.ハチジョウネブト
P5132556.jpg
4.ハチジョウヒラタ
P5152657.jpg
5.チビクワガタ
P5142614.jpg

島寿司も美味しく、また是非とも訪れたい島の一つになった。



6月
南東北オオクワ灯火採集
以前は、年間10日間以上通っていたオオクワ灯火採集。
ここ2年は南西諸島採集に軸足が移ってしまったので今年は1夜のみとなった。
本命のオオクワもなんとかペアでゲットできた!
♂は大歯!



さらに、とある目的に利用する採集必須の♀もゲットできた。



♀がゲットできなかったら2回目も行ったと思う(笑)

7月
奄美大島
第一目的は、虫ではなく郷土料理。
そう鶏飯!

P7022937.jpg P7022939.jpg
P7022940.jpg

念願の鶏飯をやっと食べることができた。

この料理だけを食べに奄美大島に行きたいくらい旨かった。

虫の方は、金粉アマミは採れたがアマミノコの70mmupは1頭しか採れずサイズ的には今一な結果だった。

P7083024.jpg

P7083005.jpg P7083007.jpg

P7032949.jpg

いつかはリベンジしたい・・・

けど優先順位は低いかな?^^;

8月
久米島&伊平屋島

序盤は熱帯低気圧の影響で雨と強風に悩まされた。
久米島は自家用ライトは不発で豪雨の中の外灯回りでなんとか結果はを残せた。

伊平屋島も同様に初日、2日目と強風でライトもパナトラも成果が乏しかったが天候回復後に奇跡が待っていた。

イヘヤノコの超特大個体!

P8093273.jpg

今までの採集の中で一番嬉しかった瞬間だった。

9月
ヒメオオか糞虫か悩んでいたが、某SNSに流れていたダイコクコガネの写真を見て糞虫採集を選択。

都合4回の採集に行き、北関東と北信越で念願のダイコクコガネを採集できた。

P9103432.jpg
ダイコクコガネカッコいい。

10月
万全の準備でテンションMAXで臨んだ西表島ヤエマル採集。

しかし初日に山で遭難しかけて脚を痛めてしまいテンションガタ落ちのままの3泊4日の採集だった。

なんとか最終日に念願のヤエマル大歯も採集でき終ってみれば満足な採集だった。



もし来年も採集可能であれは1週間いや2週間の長期休暇を取得して臨みたい。

教訓:自分の感覚よりもGPS !

11月
昨年の採集目標にもあげていたクワカブ以外の虫。
今年はなんとか行けた。
2車中泊1日の弾丸採集だったけど、無事に目的の虫を採集できた。

キタカブリ!



綺麗~



12月
久しぶりに虫を購入。
外国産マルバネのマキシムスマルバネのワイルドとマエダマルバネの飼育品ペアを購入。

マエダマルバネのカッコよさ、半端無い!

PC174002.jpg


今年は仕事が忙しく遠征に行く回数も減る予定だったが、結果的には昨年とほぼ変わらない回数行くことができた。
イヘヤノコの特大個体、ヤエマルの大歯など、採集面では大満足な1年だった。
ただ飼育面での目標であるレコード個体の作出は散々な結果だった。

イヘヤノコの自己レコード更新が唯一の成果といったところ。

P4252393.jpg

採集に重点を置くと飼育がおろそかになってしまうのは致し方ないが改善して行きたい。

来年の予定は新年一発目の記事にて。

採集、飼育において色々なアドバイスや情報交換させていただいた皆様、ブログにご訪問いただいている皆様、オフ会で楽しい時間を過させていただいた皆様、お世話になりましてありがとうございましたm(_ _)m
来年も今年同様によろしくお願いいたします^^;

皆様、良いお年をお迎えください!

採集地(都道府県)
岩手県、山形県、新潟県、福島県、栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、長野県、鹿児島県、沖縄県(計:13都県)

離島遠征
沖縄本島(多)、八丈島(初) 、奄美大島(初) 、久米島(2)、伊平屋島(2)、西表島(3) (計: 6島)
()内は今までに訪問した回数
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

低コスト累代血統の道

今年ブリードしたオキマル。
種の保存法に指定されており有償無償を問わず販売も譲渡なども一切の取引が禁止のため、採れ過ぎ注意で中ケース2セットのみだった。

後半にセットした方は採卵を行い、全て孵化して順調に育っている。

前半のセットは来年2月割出し予定で放置していたがマエダマルバネ用の産卵マットが足りなくて流用のため、今回割出しを行った。

ケース側面に数頭の幼虫が見えておりソコソコ良い結果であることは分かっていた。

既に幼虫が見えている。



マットを割ってみたらこの状態^^;

これはヤバィかも?



結果、



62頭。

採り過ぎた^^;

マルバネの飼育は赤枯れ等の高価なマットを利用するので困っていたが、某SNSでアドバイスを頂いた低コスト累代血統の作成にチャレンジしようと思う。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

スタート!

先日購入したマエダマルバネの試し割り出しを実施。

産卵開始シグナルのマットの沈み込み発生まで時間がかかっていたので少々焦りがありましたが、結果はどうでしょうか?



11個!
初回としてはマズマズの結果です。
卵の状態も良さそうなので孵化が楽しみです。

今の悩み事はこのまま採卵を続けて行くか?です。
飼育の神様のSさんによる、採卵すると生存率が下がるという記事もあり、大事にしたい種類でもありますので西表のヤエマル同様に採卵しないでセットを多数用意して対応するべきか・・・

ヤフオクで大量のマルバネの幼虫を販売されている方々の中には採卵されている方もいらっしゃるのであまり心配しなくても良いのかもしれませんが^^;

最近のブロ友限定記事は、この虫の記事でした。
ブリード失敗したら無かったことにしようとして限定記事にしてました^^;

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

打ち止め?

京印の石マル(京四郎君採集の石垣島産ヤエヤママルバネのWF1)の採卵を実施。

3桁超えた最初の採卵時に多数採れたので目標を150個に変更した。
と同時に・・・産みが鈍った^^;
現在まで129個採卵。

結果



2個。
・・・とほほ。
完全に終了モードかも。
合計131個。

ただ、今回のセットはマット仕込後1週間しか経っていない未完成マットを使用していた。
それが原因であれば良いけど。

・・・♀はかなり軽くなってしまっているけど元気なので実績のあるマットを使用したセットに入ってもらった。
後19個で目標達成。
なんとか産んで貰いたい・・・無理だろうな^^;

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

マルバネマット作成

今月の初めに採取した赤枯れ材の一部の乾燥が終わったので、マルバネの産卵セット、初齢幼虫飼育用のマットの仕込みを実施した。

コーヒー用ミキサーで赤枯れ材を粉砕したマットと無添加完熟マットを利用。



飼育の神様Sさんの教えを守り7:3の割合でまぜる。



混ぜ完了。



加水後に、冷凍庫で雑虫対策を実施したマルバネ幼虫飼育で使用した喰いカスを投入。





攪拌をして水分調整をして終了。



24℃環境にて1ヶ月ほど熟成させれば完成!

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

落ちないペース

マキシムスマルバネの割り出しを実施。

現在までに115個採卵。
セット3日でマットの沈み込みが激しかった。



ヤエマルではあまり無いがマキシムスはケース底とかにも結構産む。

結果、



30個!
合計145個になった。

150個間近かでも、全くペースが落ちない。
マルバネ臭がかなり強く、追い掛けしたいのだが♂は早々に〆てしまったので出来ないのが残念。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

スタート?

先日マットに潜ったマエダさん。
潜ったのは良いが、その後2日間マットの沈み込みも全く無くゼリーを食べにマット上に上がった形跡も無かった。

国産マルバネではマットに潜ったらすぐに沈み込みが発生して実際に産卵もしていたので、この違いに少し戸惑う。

マットの中で☆になっていないか?という心配もあった。

マットに潜って3日目の24日になってやっと沈み込み始めた。



漸く産卵開始?

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

終了間近か

京印の石マルの割り出しを実施。

現在までに116個採卵。

前回小ケース2日間で16個。
今回は中ケースでマットの沈み込みも大きく期待していた。



13個。

・・・あれれ、少なっ!
流石にもうそろそろ産み終わりが近いのかもしれない。
合計129個

初回採卵分を確認してみたところ、無事に孵化して餌も食べているようで安心した。




theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

低温飼育失敗

サーモスタットを変更した改造冷蔵庫にて管理していた2015年 自己採集からの累代イズミヤマ。
低温環境で2年1化を狙っていたが、1頭を除いて1年1化で羽化していたので取り出した。



・・・やっぱり、全てちぃサイズ。
1頭だけ60mmアップが居たが、蛹室内でお亡くなりになっていた。

冷蔵庫の電源を落としたいのだが、マットの雑虫対策で冷凍室を使用しているため出来ない。

冷凍室が容量不足なので、いっそのことサーモスタットを新しくして全て冷凍室にしちゃおうかな?

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

駄目マットでも

マキシムスマルバネの割り出しを実施。

現在までに102個採卵。

今回はヤエマルで全く産卵しなかったオクで調達した調整済みマルバネマットを使用。
(マキシムスではブリード開始時に使用して7個採卵実績あり)



13個。
合計115個。

このマットは荒い粒子が多く混じっておりそれがダメな理由だと思っている。
今回は3日間のセットで13個とまずまずの結果。
爆産を期待はできないが外産まるばねには使えそう。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

やっと

マエダさん、12/21の夜やっとマットに潜った。
12/20の夜の確認では、少し潜ったような跡はあったが、やはりゼリーに噛り付いていた。

これでマットの沈み込みが始まってくれれば良いが・・・

現在、2種類のマットを仕込み中。
熟成までもう少しかかるが、マエダさんは長命のようなので間に合いそうだ。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

2兎を追うものは・・・

レコード(ギネス)個体の孫。



イヘヤノコギリクワガタ。
2016年夏羽化、1年1化個体。

虫部屋の外で越冬中。
本日は定期的な越冬個体の確認日。
落ちている個体は1頭も居なかった。

レコード個体の子達は、アベレージ60mmを超えていたが孫は1頭も60mmを超えていない。
写真の個体は58mm。

原因は明らか。

ここ2年は毎年複数回南西諸島採集に出掛けているため完全に手抜き飼育になっている。

採集ペースは変えるつもりは無いが、飼育の方にももう少し時間をかけたい。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

大食感?

マエダさんの飼育は細かく記載する予定。

産卵セットに投入した♀はマットに潜った形跡は無し。
昨日は、自分がいつも使っているプロゼリーには見向きもせず、H.R.N.Dorcusさんから購入した際に付いていたゼリーに噛り付いていたが今日はプロゼリーに噛り付いていた。
H.R.N.Dorcusさんからゼリーを購入しようか悩んでいたがとりあえず止めておく。

それにしても餌を良く食べる。
マキシムスも餌を良く食べているが、この辺りは国産マルバネとは違う感じ。

予定通り、2回目のペアリングを実施。



前回同様♂はすぐに反応して♀も全く嫌がる事は無かった。
また、ペアリング後に精嚢!?も確認できた。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ペアリング

到着後1日経過。
♀は昨夜からずーっとゼリーに噛り付いていた。

移動のストレスからも落ち着いただろうし、これだけ餌も食べていれば成熟もしていると思うのでペアリングを実施。



同居後すぐに♂は♀に反応し、♀も嫌がる事なくすんなりとペアリング完了。

用意していた産卵セットに♀を投入。
2時間経った時点でも♀はマットに潜る事なくゼリーを食べている。

明日の夜もゼリーを食べていたら、再ペアリングの予定。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

こちらも3桁達成!

マキシムスマルバネの割り出しを実施。

現在までの産卵数は74個。

結果。



28個!

合計102個。
石垣島のヤエマルに続いてマキシムスも3桁達成。

どちらのセットも同じ時期に仕込んだマットを使用。
やはりマットがとても重要ですね。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

yokozuna.

2014年のマルバネ初採集から、飼育のほうも自己採集のノコギリクワガタ中心の飼育から大きく変わりつつある。

友人採集、自己採集のマルバネ飼育に始まり、最近では外国産マルバネにも手を出してしまった。

そして、更にその外国産マルバネの1種を増種してしまった^^;

ひさしぶりに比較的高価なものを・・・

ブリード失敗すると恥ずかしいので暫くの間は、ブロ友限定記事にして公開^^;

購入したものはこちら。

PC174002.jpg

マエダマルバネクワガタ!

ネット購入の場合、写真を見て気に入って購入しても届いてみると写真ほどの迫力がなくてがっかりすることが多いけどコイツは違った。
ヤヴぁい位に写真よりもカッコいい♪

個人的にマルバネで一番好きなヤエマルに匹敵するカッコよさ。
ただマエダの場合、飼育でこのサイズを出すのはかなり難しいみたい。

まずはブリードを成功させて次世代を採らねば!

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

目標変更!

先日、目標の3桁産卵を達成した京印の石マル。

♀をセットから取り出し後、2日後を目処に採卵するためブリードは中ケースと小ケースの2つを使用している。

3桁達成後にセットしていた小ケースの採卵を実施した。
セット期間2日。
1日目にマット上に出てきていたので期待はしていなかった。

採卵結果。



16個!

これで116個になった。

ブリード開始1カ月にもかかわらず、2日で16個は中々良い感じ。

そして現在セット中の中ケースは以下の状態。



かなり厚みのある餌皿がほとんど沈んでしまっている。
このセットも期待できる感じ。

目標を産卵150個に変更!

3桁達成!

京印の石マルF1(京四郎君採集の石垣島産ヤエヤママルバネの累代)の産卵セット解体。

現在までに70個産卵中。

ヤエマル用に仕込んで熟成させたマットで臨んでいた。
マットの沈み込みもよく♀も1週間ほど夜の確認ではマット上に出ていなくてかなり期待していた。

割り出し開始。
・・・期待は早々に裏切られて今一な感じ。
20個行けば良いかな~?という感じのスタートだったが後半伸びてきた。

マットの塊の確認は終わり、固まっていない部分の確認を残すのみの時点で29個(>_<)

3桁ギリ達成ならずか・・・
と思って確認済みのマットの山を少し掘ったら1個出てきた^^;
確認漏れはまだあるのかも・・・

結果。



30個。

採卵済みの70個と合わせて100個。
3桁達成できた。

国産、外産問わずマルバネは多産種で200個産むこともあるらしいので爆産というわけでは無いが、3桁達成は素直に嬉しい。

♀もまだまだ元気なので再セットした。

12個/日超え

先日、紹介したマキシムスマルバネ。
再セット2日後にはマット上にいる事が増えてしまった。

マットが気に入らなくなってしまったのかと思いセット3日後の昨夜割り出しを実施。



37個(写真は36個、1個潰してしまった(T_T))

産む場所が少なくなりマット上にいたみたい。
合計74個。

日本のマルバネクワガタ記載の里さんの記事に従って作成したマット恐るべし。

同じマットを京印の石マルでセット中なのだが1週間以上経っても♀を確保できずに居た。
漸く昨夜確保出来たので2~3日したら割り出ししたいと思う。
既に70個採卵しているので30個以上産んでくれていたら嬉しい。

ブリード開始1ヶ月ほどだか、まだまだ♀は元気なので再セット。

久しぶりの外産種購入

自己採集の日本産クワガタの飼育がメインでそのほとんどがノコギリクワガタ。
外国産はカブト虫を数種類飼育しているだけ。

そんな中、久しぶりに外国産クワガタの野外品をオクで購入した。
「マキシムスマルバネ」

・・・また、マルバネを増やしてしまった。

シーズン後半での購入のため競り合いにはならずに出品時の価格で購入できた。
シーズン後半ということでブリードの可能性が低いのは承知の上で標本作成目的での購入だった。

購入した♂はやはり少し弱々しい感じだったが、♀はバリバリの元気な個体。
これは期待できるかも?と思い、ブリードすることにした。

某所で調達した調整済みマルバネマットを使ってのブリード。
このマルバネマットは、石垣のヤエマルも西表のヤエマルも全く産卵しなかった外れ品。

開始1日目の確認では、産卵0個。
このマットではやっぱりダメか?と思ったが、セット継続。
数日後の確認で7個の産卵を確認できた。
やはり噂通りマットの選り好みが少ないようだ。

このタイミングでヤエマル用に熟成させていたマットが出来上がったのでマキシムスにも使ってみた。

結果。

PC093975.jpg

30個!
合計37個。

このままセット継続。
限界まで搾り取ることにした。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

AKG採取

昨年の2月からマルバネ飼育を開始。

昨年秋には、自己採集の西表島産ヤエマルのブリードにも成功して飼育数も増加。
今年は、石垣と西表のブリードも実施中でさらに飼育数が増加予定。

マルバネ飼育に不可欠なものに赤枯れマットがある

赤枯れマットはそのものズバリを採取したり赤枯れ材から作成したりできますが、某所に自分で取りに行った赤枯れ材はすぐなくなり、オクやショップなどで購入して利用していた。
厄介なのは、この赤枯れマットが高価なこと。
赤枯れ100%になると1リットル1000円位。

10月までは採集貧乏だったけど、11月から赤枯れ貧乏に。

そこで赤枯れマットの材料になる赤枯れ材の採取に行ってきた。
交通費を考えてもそれがお得と判断して。

いつもの高速道路の深夜割引を狙い3時に目覚ましをセットしたつもりが寝坊。
平日と同じ5時半に起床して慌てて支度をして現地に向かった。

標高1000m越えの場所に向かったが、途中でノーマルタイヤ車通行禁止の標識。
ひょっとしたらそういうことあるかも?と思っていたので10年以上使っていないチェーンは持参。

動揺と不安を抱えながら山道を登ったが、11月に降った雪は路肩に少しある程度。
寝坊したせいで日も出ていたため、凍結箇所もなくて何事もなく現地に到着した。

午前中の内に赤枯れ材を採取しすぐに帰宅と考えていたが甘かった。

赤枯れ材は沢山あるが、ツヤハダやマダラの食痕のあるものが全くみつからない。

時折、クロナガオサムシやゴミダマなどがでて来て少しだけ楽しい時間はあった。

PC033959.jpg PC033967.jpg

たまに白枯れもチェックすると越冬中のアカアシやルリクワガタなども出てきた。

PC033960.jpg PC033962.jpg

初採集のルリクワガタは、黒化型。
・・・綺麗なルリが欲しかった。

広範囲を確認したが結局ツヤハダの幼虫が出てきたのは2箇所のみ。

幼虫のキープはもちろんしないので生息環境を維持しつつの赤枯れ材採取はごく少量。

赤枯れ材のお持ち帰りの大半はクワガタの食痕が無いものになってしまった。
クワガタが好まない赤枯れ材の可能性は否めないが大丈夫だろうか?

もし使って駄目だったら、交通費を含めて2重のダメージ。

とりあえず、来年2月の餌交換に間に合うように赤枯れマットの作成、完熟マットを混ぜての熟成などを
行っていく。

・・・時間があるようにみえてほとんど無いことに気付いた。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー