■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらも200個オーバー!

2/25、2/26の土日、大宮ソニックシティで毎年恒例のインセクトフェスティバルが開催され、σ^^は25日の生体の日のみ参加しました。

日曜日の標本の日も参加予定でしたが土曜日の夕方から体調を崩してしまい参加を取りやめました。
・・・土曜日の帰宅後からトイレと友達状態になっていて外出できなかったからです^^;

少し回復したと思って日曜日の夜に消化の良いうどんを食べたのですが、治っていなかったようで日曜日の深夜から月曜日の日中までトイレの友達状態が継続して居ました。

日曜日の夜以降、現在までに水分しか取っておらず、ようやく普通の状態になった気がします。

原因は・・・多分、ニンニクの取り過ぎかと思います。

金曜日に神保町の二郎でニンニク、野菜増しを食べてから少しずつ体調が悪くなり、土曜日のインセクトフェスティバルの帰りに大宮のトナリでタンギョウ(タンメン+餃子)を食べたのが追い打ちになったかと思います。



インセクトフェスティバルでお話した皆様、もしかしたらニンニク臭かったかもしれませんがスミマセンm(_ _)m


外国産マルバネのマエダマルバネ。
マキシムスの産卵セットを解除したため、現在ブリード中なのはマエダマルバネのみになりました。

3回連続20個採卵以上の後、15個採卵と少しペースダウンしたのが心配の中の採卵です。

採卵前の時点:191個

今回は粘土質マットの回です。

どさっ、



おっ、良さげな感じのカタマリ具合で、卵も見えます。

と、ここで痛恨のミス発生。
見えている卵を潰してしまいました(T_T)
体調不良で手元が狂ってしまい・・・。

それからは慎重に作業をしてさらなるミスの発生は無かったです。



結果



今回の採卵数:21個(潰してしまった1個含む)

またまた20個採卵を超えて来ました!
粘土質マット最強かも。

合計:212個。

マキシムスに続き、マエダも200個達成。

次のセットは追いがけ後のセットなので、また楽しみです。

スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ビッグマザー、お疲れ様!

昨日もニュースに上がりました外国産マルバネ。
やはり今年の夏には特定外来に指定されるようです、とほほ。

指定される時点で飼育しているものは継続して飼育は可能なようですがブリードは不可になります。
この際だからスパルタ飼育を行い、レコードを目指したいと思います。
これでレコードが取れれば破られることが無い記録になりそうですしね。

そんな外国産マルバネのマキシムスです。

現在までに338個の卵を産んでいますが、前回の採卵は2個といよいよ終わりが近づいている感じでした。

現在セット中のケースでは、♀が常にマット上にいてゼリーを食べていました。
一部の符節の力が無くなっていたりするけどゼリーの消費も良く元気だったため様子をみていましたが1週間経過しましたので割出を実施しました。

どさっ、



完全なダメパターン。

やはり卵はありませんでした。

今回でマキシムスマルバネの産卵セットは解除します。

合計:338個

今迄飼育したカブクワの中で1♀での最高記録です。
って、カブクワで早々300オーバーなんて聞きませんしね^^;

ビッグマザー、ありがとう!

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

4連続ならず・・・

即ブリ可能なヘラヘラ♂、どなたかレンタル(種付け)OKの方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致しますm(_ _)m

外国産マルバネのマエダマルバネ。
恒例!?の割出^^;

採卵前の時点:176個

前回まで3回連続で20個以上の採卵が続いていて絶好調でした。
今回は今迄でマエダマルバネが一番産卵しているオキマルで使用したマットの回です。

どさっ、



あれれ?^^;
卵は見えますが崩れている箇所が多い・・・

案の定、採卵ペースは上がらず結果は、



15個。

4回連続の20個以上にはなりませんでした。

合計:191個

これまでに沢山産んでくれて居ますのでもうそろそろこちらもゴールが近いのかもしれません。
とりあえず、一両日中にも再ペアリングして最終決戦に挑みたいと思います!

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ヘラヘラ♂レンタル依頼!

こっそり飼育しているヘラヘラですが^^;、♀が1頭羽化して活動開始してしまいました。

即ブリ♂をお持ちでレンタルしても良いよ!っていう優しいお方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しいです。
往復の送料等はもちろん負担させていただきますが、それ以外のお礼は難しい状態です^^;

あっ、マキシムスマルバネの幼虫ならお礼でお渡しできますよ(笑)

よろしくお願い致しますm(_ _)m

3連続!

外国産マルバネのマエダマルバネ。



カッコイイ!・・・しつこいですね^^;

今回も割出。
前回までに産卵セット体制が整いましたので割出が楽しみです。

採卵前の時点:154個。

今回は粘土質マットの回。

どさっ、



卵発見!

結果、



22個~♪

3回連続で20個以上達成です。

合計:176個。

♀が元気なウチにしっかりと搾り取りたいと思います!

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ゴールかな?

久しぶりにラーメン新店開拓。
神保町二郎に行こうと思って営業時間を調べていた時に、ふと最近の東京ランキングを確認したところ、魅力的なお店を発見したので行って来ました。

麺魚@錦糸町。



特製真鯛ラーメン(特盛)

真鯛で出汁をとったスープに特徴のあるラーメンでしたが、失敗しました。
特盛でも普通サイズと容器が同じなため、スープがその分少なくなっています。
また、途中で麺ものび気味になってしまい・・・

次回は普通サイズにチャレンジしたいと思います。
ただ半端ない行列の大人気店なので行けるタイミングが限られてしまいます。
現在8席の店舗ですが、4月に移転して倍の16席になるらしいので、再訪は4月以降かな?


外国産マルバネのマキシムス。

活性が明らかに落ちてきた。
マット上にいることも多くマットの沈み込みも無いので、セット交換&割出の期間が長くなっている。

採卵前の時点:336個。

どさっ、



あっ、ダメパターン^^;

結果、



2個。

今回はダメマットの回でしたが、それを考えてもかなり少ないですね。

合計:338個。

今回がゴールかもしれませんね。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ととのいました!

外国産マルバネのマエダマルバネ。



試行錯誤の産卵セットで坊主を繰り返しながらも3桁を超えています。

割出前の採卵数:133個。

産みたてで潰れ易い卵を考慮して、産卵セットの割出しは♀の取り出し後3日~4日後に実施しています。
そのため産卵セットは中ケース2つ体制です。

1.オキマルで使っていた2015年 購入の市販の赤枯れマット。
2.2016年のヤエマル(石垣)産卵セット時に仕込み、その後粘土質に変化したマット(赤枯れマット+完熟マット)。

今回は1.のマットの回ですが、前回の採卵数10個と少なめでした。

プチ爆発した粘土質マットのセットと比較すると質の違いは兎も角、他に水分量に大きな違いがありました。
セットを繰り返している間に水分が蒸発してしまったようです。
今回のセット前に加水したので結果が楽しみです。

どさっ



卵が見えていますし、卵がありそうな変色した部分も分かります。

結果、



21個!

マエダマルバネにて、初めて2回連続で20個オーバーの採卵数となりました。

合計:154個

質の違う2種類のマットを使用していますが、温度帯、水分量なども分かり、ここにきてやっと万全の体制が整いました。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

急降下

外国産マルバネのマキシムス。
今回も割出。

採卵前の時点:329個

多くの卵を産卵中のビッグマザー。
最近は動きが鈍くなり、前回の採卵数も10個と終わりが見え始めてきた。

今回は爆産マットの回。

どさっ、



卵見えず。
更に塊も弱い。

結果、



7個。

爆産マットの前回は30個でしたので、急降下です。

合計:336個

ゴールはもうすぐのようです。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

マルバネの聖書

手術翌日に消毒のため病院へ。
はじめて患部を確認しました。
・・・なかなかグロぃ^^;

左手を酷使しなければ採集に行けるかも?って思っていたけど、その気持ちを思いとどませるには十分なビジュアルでした。

外国産マルバネのマエダマルバネ。
今回も割出。

手術後初の割出。
やはり、いつもの2倍以上の時間がかかりました。

割出前の採卵数:111個

今回は2セット分。

新規購入マットで坊主をくらっていたので、虫部屋で放置していたヤエマル(石垣)でそこそこ実績のあるマットを再利用。

まずは最初のセット。
♀が嫌がっていたので1日だけのセット。

どさっ、



これは完全なる駄目パターン。
マットの塊が全く無く産卵が期待できません。

予想通り結果は坊主。

次のセットは3日間。



1個だけ卵を発見。

結果、



22個~♪
プチ爆発!

合計:133個

短期間セットでも多くの卵を産んでくれました。

どちらもヤエマルのセット時は赤枯れと完熟の比率は5:5。
今回、マットの質に違いがありました。

2セット目に利用のマットは放置している間に粘土質に変化。
粘度が高く水分量も多かったので、比率が7:3になるように
赤枯れ100%マットを追加していました。

今回の結果は比率よりも粘度によるところが大きいと思います。
飼育の神様がマルバネの聖書(日本産マルバネクワガタ)に書かれているように、マットの粘度が重要なことを再認識しました。
マキシムスではあまり重要ではありませんが、マエダは国産マルバネ同様に粘度がかなり重要だと思います。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

痛い(T_T)



昨日、早退して病院に直行。
10分ほどでしたが簡単な手術をしました。

暫くの間、運動は禁止らしいです。
オサ堀りのシーズンなのに行けません。
飼育虫のお世話も儘なりません。

痛み止めを飲んでいないとかなり痛いです。
身体の痛みは我慢できますが、採集に行けない心の痛みが我慢できるか心配です。

マルバネファースト

昨年までは国産ノコギリクワガタ優先の飼育を実施し、この時期の飼育部屋の温度は冬を感じさせる温度まで下げていた。
昨年秋からは完全にマルバネ優先モードとなり、現在もマキシムスとマエダがブリード継続中のため高温を維持している状態が続いている。

羽化している虫達の中には活動を始めるものも出てきた。
国産ノコの幼虫達も、今年は早期羽化のチビ個体が続出するだろう(>_<)

外国産マルバネのマエダマルバネ。



やっぱイイ!^^;

前回の坊主後の割出。

割出前の時点:101個

今回は実績ありマット使用のセット。
♀はセット3日目の夜にマット上に出て来たところを確保して別セットに投入。

どさっ。



卵一つ確認。

ほぼ間違いなく産んでいるとは思っていたが、確認出来てホッとした。

結果、



10個

合計:111個

ブリード開始時から、ほぼ1日3個ペースの採卵が続いている。

今回から飼育部屋の一番高い棚にセットを配置(温度が一番高い場所)
♀の動きが以前に比べて活発になったような気がするのでまだまだ産んでくれると思う。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

300採卵達成後のマキシムスマルバネ

外国産マルバネのマキシムスマルバネ。
本日も割出しの記事。

割出前の時点:319個。

今回は駄目マットの回。

どさっ、



影になって写真では見えませんが、卵一つあります。

結果、



10個。
合計:329個

駄目マットは今まで15~20個のことが多かったのですが、少しペースが落ちて来ました。
ゴールが近づいて来たようです。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

坊主

外国産マルバネのマエダマルバネ。
今回も割出の記事。

割出前の時点:101個。

3桁達成後の初割出。
自作マルバネマットやオクで購入のマルバネマットでは成績が良く無いので、実績のあるオキマルに使用したマットを追加購入して使用した。

結果、


・・・坊主。
マエダさん3回目(1日だけセットは除く)の坊主。

マエダマルバネは、やはり少し癖があるかも。

実績のあるマットは2015年秋に購入し自己採のヤエマル(西表)に使用。
割出し後保管しておき、昨年秋にオキマルに使用。
どちらも結果は良かった。

今回は同じ商品を購入したもので熟成期間無しで使用。
ヤエマル(西表)の時は、購入後すぐでも産んでいた。
マエダさんは、マットの選り好みが強いのかも。

複数回の坊主の経験から、マットの沈み込みがあり潜った形跡があっても、セット1日後の夜にマット上に♀が出て来ている場合は産んでいないと結論付けることにした。

今後は1日後の夜にマット上に居たら、セットを変えていくことにする。

現在、未割出のセットが2セット。

1.実績ありマット
2.今季ヤエマル(石垣)でそこそこ実績のあるマット(1日だけセット)

予想
1は、ほぼ産んでいる。
2は、産んでいない。

現在セット中のは1日目の夜にマット上には出て居なかったので産んでいる可能性は高い。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

3度目の大台を・・・

外国産マルバネのマキシムス。
今回も割出の記事です。

割出前の時点:289個採卵
300の大台が目前でした。

前々回(自作マルバネマット):28個
前回(オク調達マルバネマット【駄目マット】):16個

今回は、自作マルバネマットの回です。

どさっ、



とりあえず、卵一つは確認。

結果、



あれ?
10個?
・・・合計299個???、大台に届かず?



































ニヤ!
本当の結果は、こちら↓



~30個♪

1セットにおける過去最高の採卵数と同じです^^;
ブリード開始後2ヶ月を目前の状態にしてはびっくりの数です。

合計:319個採卵

3度目の大台を軽く超えてしまいました。

いったい、この大当り♀は何個の卵を産むんでしょうね・・・
まさかの4度目は無いと思うけど・・・・ちょっと楽しみです。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

こちらも3桁達成!

外国産マルバネのマエダマルバネ。



むちゃカッコいい!

ブリード開始後1ヶ月経過。
割出しを実施。

割出し前の時点:89個採卵。

どさっ、



卵発見~

バラバラ産みが多いマエダさんですが、今回、こんな近くに卵がありました。



でも、結果は・・・



12個。
産卵ペースが落ちて来たかも^^;

合計:101個!

ヤエマル(石垣)、マキシムスに続いて3桁達成♪

マエダさんのブリード情報はあまりなくこの結果が良い結果なのかは分かりませんが、並行してブリード中のマキシムスがあの状態なのであまり達成感がありません^^;

長生きとの情報もありますので、まだまだブリード継続いたします。

久しぶりに追い掛けも実施。



数回、交尾をさせていますがヤエマルと違って♀は一度も嫌がったりしません。
この♀が良い娘なのか、種としての特徴なのかは分かりません。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

見えてきた3度目の大台

外国産マルバネのマキシムスマルバネ。

ブリード期間は既に1ヶ月半を超えているが産卵ペースはほとんど落ちていない。

そんなマキシムスの割出しを実施。

割出し前の時点:273採卵

どさっ、



卵、発見。

結果、



16個。

合計:289個

つい先日、200個を超えたと思っていたら次の大台が見えるところまで来ました^^;

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

外国産マルバネ

現在、絶賛ブリード中の外国産マルバネ。
・マキシムスマルバネ
・マエダマルバネ

日曜日の朝、そんな外国産マルバネのニュースがマルバネ愛好家の間を駆け巡った。

「特定外来生物指定の検討」

生き物が好きで飼育・繁殖をしている人たちにとって、特定外来生物の指定は最悪の事態。

国産種には種の保存法の指定というものがあり、指定されてしまった場合には販売および譲渡を含めて一切の取引が禁止されますが、個人としてブリードしていくことは可能。
しかし特定外来生物に指定されてしまった場合には、販売・譲渡を含めて一切の取引が禁止されること、指定された時期よりも前に飼育していたものについて飼育は可能(申請して許可を取る必要はありますが)なことは一緒ですが、繁殖は不可。

ブリーダーやレコード(ギネス)狙いの飼育者にとっては致命的です。

「特定外来生物とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。」

今回の場合は、生態系に影響を及ぼすもの、又は及ぼす恐れがあるものということなのでしょう。
(生態系に影響を及ぼすもの=在来種との交雑や、エサなどを奪い合う恐れがある)

指定が検討されている外国産マルバネが本当に国産マルバネの生態系を脅かす存在であるならば、特定外来生物への指定は大賛成。
ただ、個人的には外国産マルバネが国産マルバネの生態系を脅かす存在とは全く思えないんですよね。

そもそも外国産マルバネは一部の種類を除いて繁殖して増やしても人気がなく高値では売れませんし、国産に比べてカッコよくも無く飼育者は他のクワガタに比べて圧倒的に少数です。
国産マルバネが棲息している南西諸島の方々が、わざわざ外国産マルバネの飼育なんかしないと思いますし、たとえ飼育したとしても生態系に影響を与えるくらいの量(そのウチの一部が逃げてしまったら)を飼育するとは思えません。

内地の飼育者がわざわざ南西諸島に放虫しにいくことも無いでしょう。
日本国内で外国産マルバネが採集されたことも聞いたことはありませんしね。
(アカマルバネの漂流個体と思われるものが与那国で見つかったことはあったみたいですが)

生態系を脅かす可能性はほぼ無いかと思います。

でも、少しでも可能性があるとしたら、やっぱり指定は仕方が無いことかとは思います。

餌を食べないといわれている国産マルバネですから成虫どおしの生存競争は発生しませんが、幼虫の生息場所は同じか近いため、幼虫どおしの生存競争は発生します。
爆産種のマルバネだけに一度増えてしまったら取り返しのつかないことにもなりかねません。

そう考えるとやっぱり指定は已む無しかもしれません。

外国産マルバネの指定による影響は、少数の愛好家と少数の業者のみになりますから指定するほうも気が楽でしょうね。

特定外来生物の指定がどのようなプロセスで決定されているかは調べていないので分かりませんが、外国産マルバネの指定を推進したい人たちが居ることは確かなことなんでしょうね。
その方達が、どれくらいの情報を元に生態系を脅かす可能性があると判断したのか是非とも知りたいです。

交雑の可能性、日本の環境での定着の可能性などを十分に確認した上で指定検討に入っているのであれば気持ち良く従うのですが、多分、そんなコストはかけて無いのでしょうね。

納得感の無さが悲しすぎます。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。