■ Information ■

材起し

【採集】
八丈島における採集方法の一つである"材起し"

一度も挑戦したことの無い人にはイメージが沸かないかもしれません。
そこでσ^^のやった材起しのご紹介。

アクションカム(WG-M1)による撮影です。




分かりにくいですが、この時ヒラタ♂を採集しています。

八丈島のいたるところに映像にあるような材があると思って行きましたが、実際にはほとんどありませんでした^^;

このような場所が見つけられれば高確率でクワガタ採集は可能かと思います。
(・・・このような場所でなくても居ますけどね^^;)
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

comment

こんばんは^^

結構地道な作業ですね^_^;
でもそこでヒラタが採れるのなら・・・・
一度は行ってみたいですね~!

♂さん、毎度です。。。

アクションカムって、凄いね)^o^(

ヒラタ採集の瞬間、飛ばしながらなので
発見出来ず・・・

★かぶ☆さん、こんばんは!

はい、地道で以外と体力のいる作業です^^;

>でもそこでヒラタが採れるのなら・・・・
>一度は行ってみたいですね~!

おっ、マジっすか?
いつでもお付き合いしますよん♪
その際は是非お声がけ宜しくお願いいたします。

誠也さん、こんばんわ♪

>アクションカムって、凄いね)^o^(

ネットにあげると圧縮されてしまい画像が粗くなるのですが、実際の映像はかなり鮮明で中々面白いおもちゃです(笑)

>ヒラタ採集の瞬間、飛ばしながらなので
>発見出来ず・・・

FC2動画にあげたら勝手にファイルが2分割されてしまったようで写っていない方の動画を見ていた可能性が高いです^^;
すみませんm(_ _)m

miwa♂さん、こんちは。

動画UPありがとうございます。

04:37秒あたりに右手に何かつまんでるのが見えますがあれがヒラタですか? 肩付近に取り付けての撮影ですよね。

あれからず~っと考えまして、SonyのHDR-AS50Rというやつにほぼ決まりです。あと、木の高い所にいるやつも撮れるように光学20倍ズームのコンデジ(Canon)も入手したいと思います。

アクセサリーも合わせると結構な額になりますが、老後の楽しみへの先行投資という事にしておきます。体力のあるうちに撮りためておいて、ジジィになってからゆっくり観たいと思います。(笑

さとしさん、こんばんは!

はい、その右手でつまんでいるのがヒラタです♂です^^;
アクションカムは広角なんで、もっとカメラに近づけて少し静止させたほうが良かったと少々後悔しております。
次回からはそうします(笑)

取り付け位置は頭のてっぺんと額との間くらいの斜めの位置です。
GoPro用のヘッドマウントをずらしてその場所にしたらWG-M1のような大型のものでも安定しました。

お~、HDR-AS50Rですか!
良いなぁ~、ライブビューリモコンはあったら絶対良いと思います♪

レビューとか

miwa♂さん、こんちは。

一度山へ行ってサンプル画像を撮ってからレビューをと思ってましたが、採集に行く時間が全く取れないのでレビューだけでご勘弁下さい。レビューと言っても室内でちょこっと試し撮りをした感想程度のもので、たいして役に立たないと思いますが。

結局、SonyのHDR-AS50R(ライブビューリモコン付き)を購入しましたが、正直言ってGoProでも良かったかなぁと思ってます。(^^;

Sonyを選んだ理由は、1.手振れ補正がある。2.日本のメーカーなので壊れた時に安心。この2つの為です。GoProは日本の代理店の対応が良くないとの話を聞きますし、初期不良も多いとの事で今回は見送りましたが、何と言ってもおでこ部分にヘッドライトと同じ感覚で装着できるのは藪漕ぎする際には大きな長所だと思いますね。ソニーは形状と言い手振れ搭載と言い、バイクや車に装着して撮影する事をメインに開発している気がします。

手振れ補正はなくても良いかもとは思いましたが、ユーチューブにあったイノシシ狩りの追っかけでGoPro使って撮影したのがあって、かなりブレて酔いそうになったのが頭に残ってました。藪漕ぎなら走る事はないので心配する事はなさそうなのですが、試し撮りをした感想では暗いとピントがあうのに時間掛かる(これは多分GoProも同じ?)ようなので、手振れ補正で少しでも見やすい画像が撮れたらと期待はしてます。

GoProと比べて一番の欠点は何と言っても頭部への装着のしずらさですね。その形状から頭部へ装着するには頭部横(こめかみ辺り)に装着しないといけないのはしょうがない事ではありますが、ヘッドマウントで良いのがないんです。Sonyからは3種類出てますが、使えるのはユニバーサルヘッドマウントの1種類のみ。他は全方向への角度調整ができないので正直使えません。ユニバーサルヘッドマウントはX,Y,Zの3軸で角度調整できますが、何と呼ぶんでしょう?頭のてっぺんを通るベルトがない、頭部横にグルッと1周するベルトだけでカメラを固定するので、ずれないようしっかり固定するにはある程度強く締め付けないといけません。短時間なら問題ないですが、藪漕ぎでは時間とともにジワジワくると予想して、私はヘッドマウント用のストラップを他のヘッドライトから流用して加工しました。

頭部への装着であと一つ問題なのは、カメラは頭部横に取り付けますが、直立している場合はまぁ少し違和感がある程度ですが、頭を下に向けるとカメラの重さで頭をカメラとは反対側にねじられるような今まで経験した事がない嫌な感覚に襲われます。これにはちょっと慣れそうになかったので、反対側へほぼ同じ重さのフラッシュライトを取り付けて「捻じれ感覚」を解消しました。

ソニーは、この頭部へのマウントの際の重量のアンバランスを一番懸念してましたので、マウントを自作する事で解消できたので一安心ですが、余計なフラッシュライトが一つ頭についているのでその分重くなりますし、自作が苦手な人は迷わずGoProの購入をお勧めします。

胸とか肩へ取り付ける場合は↑のようなデメリットはないと思いますが、藪漕ぎの際は胸や肩周辺は足元を照らすライトやGPSで埋まってますのでカメラを装着する場所がありませんし、体幹に取り付けた場合は顔が向いてる方向と体が向いてる方向が違う場合があるので体幹装着は想定しておりません。たとえば藪漕ぎで山中を歩いていて、ふと横の木に目を向けたらマルバネが付いていたといった場合、自分には見えてますがカメラには写ってないという事になりますので、何かこう臨場感がなくなるような気がしてます。

長々と書きましたが、まぁ、どちらを選んでも使いこなせばSonyでもGoProでもそこそこ使えると思います。面倒臭いのがイヤな人は素直にGoProを選んだ方が良いです。もちろん、中華の廉価版でも当たりを引けば長く使える良いカメラに出会えるかもしれません。

最後にあと一つ、これは広角のアクションカム全般に言えますが、何せ広角なので遠くのものを大きく写すのは苦手です。たとえば木の高い場所にでっかいマルバネが付いていても、アクションカメラではアリンコ位の大きさにしか写せないと予想しまして、同じ画角で撮れる光学18倍のコンデジ(キヤノン PowerShot SX610 HS)をセットで購入しました。

藪漕ぎ中はループ録画でSDカード容量をセーブしながら撮影し、マルバネを見つけたらコンデジに切り替えてじっくり写す、という作戦を練っておりますが、うまくいくかどうかは9月までお待ち下さい。(^^; 9月に入りましたら早急に山へ出向いて画像撮ってアップ致します。(_~_)

P.S 
すいません、一つ思い出しました。SonyもGoProも専用ケースに取り付けた状態では高温になって長時間録画の場合、強制録画停止するようです。なので私はなるべく強制停止を回避すべくケース(ハウジング)なして使用する事にしました。その方が軽量、小型ですから便利です(AS50は専用のケース取付状態では音声がこもってほとんど録音できない大欠点があります)。ケースなしで使用するとなるとホコリ、雨が心配になりますが、雨が降ったらサッサと諦めて撮影中止にするつもりですが、私が購入したすぐ後でケースなしで防滴使用のAS300というのが発売されました。腹立つ~!

さとしさん、こんばんは!

コメ返、遅くなりまして申し訳ございませんでしたm(_ _)m

お~、詳細なレビューありがとうございました!
ヘッドマウントに良いのが無いのはいただけないですね。

でも、レビューを拝見して、WG-M1を今後も使い続けることにして一時期収まっていたアクションカムへの思いが復活してしまいました(笑)

SONYの新型も良さそうですが採集貧乏で金欠なので価格がネックです。
購入に踏み切ると秋の遠征採集にいけなくなってしまうという本末転倒な結果になってしまいそうですし^^;

9月の山でのレビューも楽しみにお待ちしております♪
Secret

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー