■ Information ■

久米島・伊平屋島 夏季採集(2106年) 準備編

【雑記】
10(水)最終便(23:30羽田着)にて、4泊5日の遠征採集から帰宅しました。
表題の通り、今回の遠征採集の行先は久米島と伊平屋島でした。

8/6~8/7 久米島1泊2日
8/7~8/10 伊平屋島3泊4日

ぼちぼち採集記をあげていきますのでお付き合いいただけると幸いです。

【採集】
・日程
今年初めに立てた計画では新月に近い7月30日、31日を絡めた日程を予定していましたが、5月時点で家庭の事情により変更を余儀なくされてしまい今回の日程になりました。
これが功を奏するのか、それとも・・・

・飛行機チケット手配他
前記日程決定後すぐに飛行機チケットを手配。
割引の効いた8/6 7:10発、8/10 23:30着を購入。

ここで一つ目の失敗。

チケット購入後、公共交通機関の時間を確認すると、帰りは終電に間に合わないことが判明。
既に決済してしまったいたので、後の祭り。
空港から自宅までのタクシー代を調べると、笑っちゃう金額(飛行機の割引額をはるかに超過)。

色々調べると、空港内のカプセルホテルや平和島にある温泉施設を利用する人が多いみたい。
後は、自家用車で空港近くの駐車場に止めるなどなど。
空港近くの駐車場の予約分はすでに満車。

予約なしでチャレンジするか、別の方法を検討する必要がありました。
とりあえず、空港内のカプセルホテルに予約を入れておき、毎日、空港の駐車場の空き状態と予約サイトをチェックすることに。
毎日の確認で自分が空港に到着する予定の時間(6時頃)に満車になることが無いことがわかり少し安堵です。

とはいいつつ夏休みだから油断は出来ません。
予約サイトもポツポツと空くことがあるので定期的に確認を実施。
空きが出ると瞬時に埋まってしまうため確認する時間帯が重要です。
午前中の7時~9時頃に空くことが多かったです。

出発日前日朝に、全日程の駐車場の予約の空きが出て無事に予約が完了。
これで必要以上に早く空港に行く必要がなくなりました。
カプセルホテルの予約も5日前なのでキャンセル料も無し、助かります。

·レンタカー
前回同様、伊平屋島へは那覇でレンタカーを借りてフェリーで行くことに決めていました。

沖縄本島のレンタカーは各社の競争が激しく、格安なレンタカーも多いです。
今回は3泊4日の軽自動車で、ノンオペレーションチャージ不要、ガソリン満タン返し不要で13,800円と激安なものを借りられました。
問題は、久米島。
飛行機チケットを取る前に確認したところレンタカーの空きもあったのですが、取得後に確認すると空きが無くなっていました。

色々と調べていたところ、あるレンタカー屋さんで8/6~8/7で空きを検索すると無いけど8/6 1日で検索すると空きがあるのを発見。
8/7早朝返却で交渉したところ、無事に借りられることができました。

教訓:飛行機チケット取得前にレンタカー予約!

・宿
久米島は1泊なので車中泊を予定。

伊平屋島は、前回とは違う場所を試してみたくてネット検索。
色々と調べていたら昨年はみかけなかった宿を発見しました。

電話を入れると、満室とのことでがっかり。
空きが出たら連絡をくれるとのことでした。

キャンセル待ちに期待していてダメだったら温泉施設の無い伊平屋島ではつらいので○○○○○さんを予約。

遠征1週間前に満室だった宿から連絡が入り、キャンセルが発生したとのことで、予約済みの宿をキャンセルして、泊まりたかった宿に変更しました。

・荷物
今回の遠征採集は、LT(ライトトラップ)、BLT(ボックスライトトラップ)、FT(バナナ)を実施予定。

昨年離島用に新たに調達したLT用の小型発電機のデビュー戦。
発電機や水銀灯は飛行機での運搬ができずに陸送扱い(トラック+船)になってしまいます。
通常便と違って陸送扱いはお届け日数が公開されておらず余裕をもっての発送が必要です。

久米島でも利用したかったけど、久米島で利用すると伊平屋島では利用できなくなるためそちらは断念。
発送先は、前回同様に「那覇中央郵便局」の局留めにしました。

陸送扱いの採集道具は8日前に発送して、ほかの採集道具(含むバナナトラップ)は4日前に発送しました。



発電機の発送時にガソリンやオイルの状態を確認されるかと思いきや何の確認も無くて拍子抜け。
ガソリンやオイル抜かなくても良かったのかな?

残油等が漏れて他人の荷物を汚してしまってはアレなので発電機は厚手のビニール袋で2重に包みました。

遠征前日には、すべての荷物が那覇中央郵便局に届いているのが確認できました。

陸送扱いの荷物は、東京都江戸川区から沖縄県那覇市までで5日間。

ゆうパックの荷物追跡でどこを経由して届くのか楽しみにしていましたが、経由地が表示されずにがっかりでした。

並行して久米島でのライトトラップの方法が無いかを模索。
昨年、灯火総研さんのHIDライトで高結果がでているのでそれを利用すればよいのですが、高出力の水銀灯でどのような結果がでるか試してみたかったのです。

奄美大島遠征時に調達したインバーターを使って何かできないか?
水銀灯の場合はでかくてクソ重い安定器というものが必要で、納期もそれなりにかかるため現実的ではありません。
と、そこでセルフバラスト(バラストレス)の水銀灯があるのを思い出しました。
セルフバラスト(バラストレス)は、安定器が不要で点灯可能。

ネットで即納の300wと250wのセルフバラスト水銀灯をみつけました。
遠征が迫っている時期だったので発送は無理。

預け荷物か手荷物になるのでなるべく小型が良かったため仕様書を確認するとほぼ同サイズ。
値段も2~300円の差でしたので高出力な300wを注文しました。

心配なのは前回の遠征時同様に手荷物で大丈夫か否か・・・

最近は遠征に慣れてきたのか、出発日2日前には荷物の準備が完了することが多くなりました。
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

comment

こんばんは~

どちらもノコがいい感じなところですね^^
オキノコ系のノコギリが好きな僕にはたまらない島ですよ♪

久米島のヒラタを探してますが、あんまり見かけませんね^^;

顎が太目でカッコいいと思うのですが...オキナワヒラタ自体の人気がないため、出回らないんでしょうね(><)

確かリュウキュウツヤの原名亜種も生息してますよね?
奄美亜種を飼育中ですが、中々イイ虫ですよね~

ブルー目指してますが、出るものなんでしょうか...
紫なら、たまに出ますけど...

続きが楽しみすぎますよ♪

ムシきんぐさん、こんばんは〜

おっ、むしきんぐさんもクメジマやイヘヤ好きですか!
σ^^は超好きです(笑)
巷では全く人気ありませんけどね^^;

あ〜、確かにオキナワヒラタは人気ありませんね^^;
久米島も伊平屋島もB品で良ければブリード用に♀が余って居ますので送料ご負担いただければ送りますよ。
必要ならブログのメールフォームからでもご連絡下さいませ。
Secret

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー