■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊平屋島 夏季採集(2016年) 2日目

【採集】
朝のパナトラ巡回のために4時にセットした目覚ましで起床。

外は雷雨・・・

巡回を断念して二度寝した。

7時半に宿の朝食をいただくために食堂に向かう。
宿泊客の一人の部屋の中に大きなムカデが出たということでちょっとした騒ぎになっていた。

沖縄の食材が使われた料理で美味しい。



やっぱりこの宿にして良かった。

この宿の宿泊者は私以外に2人。
2人とも埼玉県の浦和から来ており、1人は勤務している病院の研修で伊平屋島の病院で働いている看護師さん。
もう1人はダイビングに来ていた私と同年代くらいの男性。
ダイビングに来ていた男性は私と同じ日程で伊平屋島に来ていたのだが、本日は悪天候でダイビングは出来ないとのことだった。

ムカデの件で宿の女将さんを含めて虫嫌いの話をしていたので、昆虫採集に来ていることを伝えた時は微妙な空気だった(笑)

雨はすっかり上がっていて晴れ間も見えているが天気予報はよくない。
大雨、雷、暴風注意報も出たままだ。

こんな調子では、今夜もまともに採集できないかと思い、本日の夕飯の準備を宿にお願いした。

宿のオーナーさんの話では、天気がよくなるのは後2日ほどはかかるだろう、ということだった。
・・・良くなる頃には採集日程終わっている。

せっかく伊平屋島まで来たのだし、雷だけ注意すれば悪天候でも採集は続けられるので低空飛行のテンションをあげて採集に向かう。

昨日設置できなかった余りのパナトラの設置から実施した。

1日目に成果のあった場所に設置したかったけど、1日目は散々な結果。

昨年バナトラを設置しなかった場所(腰岳など)に設置していく。

後は、某T編集長にお聞きした場所にも設置した。

それでも数個残ってしまったため、国土地理院の地図とにらめっこして設置場所を検討する。
良さげな場所が見つかり、そちらに車を走らせた。

現地に到着して驚いた。
伊平屋島にもこんなに雰囲気の良い場所があったなんて!

こちらに数個のパナトラを仕掛け、本日の灯火場所もこの場所に決めた。
(晴れていたら)

水生昆虫用トラップを確認したところ、昨年同様にトビイロゲンゴロウが入っていた。



昼食を食べに「海漁(かいぎょ)」さんに行く。

伊平屋島で昼飯を外食にするとなると、ここか港の食堂の二択になると思う。
本日は「アバサー汁定食」を注文



アバサーとは、ハリセンボンのことらしく、割とポピュラーな料理のようだ。
とてもよく出汁が出ていて、大好きな味だった。
ハリセンボンの身は、小骨というかアラが多くて食べにくかったが身がプリプリでとても旨かった。
見た目はあんまり美味しそうに見えないが^^;

昼食後は、ネブト狙いで山に突入。
昼間はやることがあまりなく、観光地は昨年回ったので今年はネブトを狙おうと決めていた。

倒木などを確認していくが、いきなりヘビが隠れていてビビった。



ハブではないので怖くはなかったのだが、この後は倒木の確認にさらに慎重になった。

山を上り倒木や立ち枯れなどを確認していくがネブトが居そうな物件がほとんどなく辛い時間が続いたところで倒木から小さなクワガタが出てきた。



ルイスツノヒョウタンクワガタ。
簡単に採集できる種類だが、自分は初採集のため地味に嬉しかった。

5頭のみをキープした。

山歩きで疲れたこと、本命のイヘヤノコが満足に採集できていないことなどを考慮して体力を温存するためにネブトを諦めて下山した。

ここでプチトラブル発生を確認。

パナトラの入っていたビニール袋には、バナナの発酵汁が大量に入っていた。
設置したパナトラの活性化(この汁に付け直す)のために残しておいたのだがビニール袋に穴があいていたようで少しコンテナボックス内に漏れていた。
さらにコンテナボックスには以前の遠征時にヒビが入っていた。
後部座席に載せていたのでシートへの影響にビビったが、バナナ汁は辛うじて段ボールに染み込んだのみだった。

ノンオペレーションチャージ不要で借りているが、室内の汚れが対象になるか不明だったため一安心。
すぐに新しいビニール袋に入れて、ヒビの入っていない衣装ケースに入れて、バナナ汁のしみ込んだ段ボールは処分した。

日中は雨が断続的に降っており風もかなり強かった。
雨が止んでいる時間が長いとバナトラへ虫が集まる様子は見られたが、強雨になると集まった虫も飛んでいってしまう所が見られた。



本日の夕飯。



朝飯同様に、現地の食材が使われておりとても美味しかった!

夕食後、雨が止んでいたので灯火採集に向かう。

ただ、灯火場所に到着する直前から雨脚が強くなり雷雨となった・・・とほほ。

このタイミングで豪雨なんて、私に灯火採集をさせない見えない力が働いているような感じだった。

雨は20分ほどたったら止んだので灯火を開始した。

30分ほど灯火を見ていたが、クワガタの飛来は無し。

時間が勿体無いので灯火をつけっぱなしにして、パナトラの巡回を開始した。

前日よりも雨の降る時間が短くなっていることもあり、パナトラには虫がそこそこ集まって来てやっと採集をしている感じになってきた。



設置した半分ほどのパナトラを確認した時点で、少し強めの雨が降ってきたので灯火場所に急いで戻った。

戻った頃には雨も上がっていた。
発電機、安定器、ライトなどはびしょ濡れになっていたがライトは点灯しており漏電も電球の破裂もなくて無事だった。

ちなみにクワガタの飛来は無く、大量のアオドウガネばかりだった。

灯火近くに設置したバナトラを確認すると、オキナワヒラタが複数頭ついていた。
・・・灯火に来ないでパナトラか・・・

伊平屋島のクワガタ達は、灯火はあまり好みでは無いのかもしれない。

灯火を撤収して、残り半分のパナトラの巡回をすることにした。
やはり前日とは違って少ないながら徐々にクワガタも集まりはじめていた。





伊平屋島 夏季採集(2016年)3日目に続く
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

comment

おはようです~

miwa♂さん、どもです。

倒木とか起こしたりするとヘビとか出てきそうですよね^^;
ボクは臆病なのでできない(笑)
伊平屋ってあまり灯りとか少ないから虫が集まってこないのかな?
バナトラって偉大だね|ω・)
最後の写真ってイヘヤノコ♂じゃ?!

みかんさん、こんばんは。

倒木起こさなくても南西諸島はそこらじゅうにヘビいます(笑)

>伊平屋ってあまり灯りとか少ないから虫が集まってこないのかな?

どうなんでしょうかね?^^;

バナトラは偉大です!

>最後の写真ってイヘヤノコ♂じゃ?!

最後のに限らず、当ブログには頻繁に載っています^^;
Secret

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。