FC2ブログ

■ Information ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線ぷらレール

昨日予告しました無線ぷらレールのご紹介です。
3年以上前のことです(まだ虫飼育始めていませんでした)。
息子のため(本当は自分のため?)にラジコンを購入しようと思ったのですが本格的なものは高くて買えません。
色々調べていると1000円以下で購入できるエアロアールシーなるプラモデルみたいなラジコンがあることが分かりました。

すぐに購入し組み立てて走らせてみると、スピードは遅いですがなかなか良くできていてとても面白くすぐに嵌っちゃいました(σ(^^)が)。

オプションパーツとかも一杯でていたので、5台くらいのエアロアールシーを購入して(w、フルチューンしたり色々弄っていました。

そんななか、ふとこの安価なエアロアールシーの無線モジュールって色々遊べるんじゃない?ってことに気付いちゃいました。

ということで、ぷらレールに組み込んじゃえ!って改造しちゃったわけです。

改造したときに改造の途中の写真を撮影して、作成日記を自宅サーバーに設置したブログで公開していましたが、SEOにも引っかからないように細工していましたのでご覧になられた方も少なかったと思います。
すでに自宅サーバーも止めちゃっているので、そのときのファイルは消失しています。
よって、今回は完成品のみのご紹介になります。

まずは、全体写真です。



連結部分にぷらレールでは見られないニョロニョロが出ていますね。
そうです、ぷらレールはモーター車のみで駆動していますが、無線ぷらレールは3両編成が絶対なのです。

さて、モーター車の写真です。



通常はモーターに直結された電池ボックスから電力を供給されますが、無線モジュールを設置するためにこの電池ボックスは利用できません。
またモーターボックスと電池ボックスが直結されている構造だったと思うんですが、それを分断させるためにモーターボックスを分解しなければなりませんでした。
この無線ぷらレールで一番難しかったのはその部分だったと記憶しています。

次に、真ん中の車両です。



ここに電池ボックスを設置しています。

最後に、無線モジュール搭載の最後尾の車両です。



無線モジュールは確か基板は1枚だったと思います。
基板1枚で前後と左右の2つのモーターをコントロールしていたため、片方をつぶすためにどこかの端子を短絡させたと思うのですが忘れちゃいましたm(_ _)m

自分でもなかなか良くできていたと思いますv(^^)
スポンサーサイト

theme : おもちゃ・玩具
genre : 育児

comment

こんばんは。^^

言うは簡単、ヤルは難しい。
まあ典型的なパターンですね。

2両でなんとかなるかな・・・・と考えていましたが、
画像を見る限り3両絶対必要ですね。
有意義な情報をありがとうございました。

mahitaさん、こんばんは~

モーターボックスの分解のみ難しく他は比較的簡単でしたよ。
モーターボックスの分解はぷらレールの電車の種類によって違うので簡単なものを選べば、より楽かと。
写真のJR500系は2段スピードタイプでしたのでモーターボックスの中身に変速ギアとか入っており大型でした。

2両では厳しいかもしれませんね。
電池を一つにすればいけるかも知れませんがその場合にはちゃんと無線モジュールが機能してくれるか分かりませんし。
Secret

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。