FC2ブログ

■ Information ■

3度目の大台を・・・

外国産マルバネのマキシムス。
今回も割出の記事です。

割出前の時点:289個採卵
300の大台が目前でした。

前々回(自作マルバネマット):28個
前回(オク調達マルバネマット【駄目マット】):16個

今回は、自作マルバネマットの回です。

どさっ、



とりあえず、卵一つは確認。

結果、



あれ?
10個?
・・・合計299個???、大台に届かず?



































ニヤ!
本当の結果は、こちら↓



~30個♪

1セットにおける過去最高の採卵数と同じです^^;
ブリード開始後2ヶ月を目前の状態にしてはびっくりの数です。

合計:319個採卵

3度目の大台を軽く超えてしまいました。

いったい、この大当り♀は何個の卵を産むんでしょうね・・・
まさかの4度目は無いと思うけど・・・・ちょっと楽しみです。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

見えてきた3度目の大台

外国産マルバネのマキシムスマルバネ。

ブリード期間は既に1ヶ月半を超えているが産卵ペースはほとんど落ちていない。

そんなマキシムスの割出しを実施。

割出し前の時点:273採卵

どさっ、



卵、発見。

結果、



16個。

合計:289個

つい先日、200個を超えたと思っていたら次の大台が見えるところまで来ました^^;

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

外国産マルバネ

現在、絶賛ブリード中の外国産マルバネ。
・マキシムスマルバネ
・マエダマルバネ

日曜日の朝、そんな外国産マルバネのニュースがマルバネ愛好家の間を駆け巡った。

「特定外来生物指定の検討」

生き物が好きで飼育・繁殖をしている人たちにとって、特定外来生物の指定は最悪の事態。

国産種には種の保存法の指定というものがあり、指定されてしまった場合には販売および譲渡を含めて一切の取引が禁止されますが、個人としてブリードしていくことは可能。
しかし特定外来生物に指定されてしまった場合には、販売・譲渡を含めて一切の取引が禁止されること、指定された時期よりも前に飼育していたものについて飼育は可能(申請して許可を取る必要はありますが)なことは一緒ですが、繁殖は不可。

ブリーダーやレコード(ギネス)狙いの飼育者にとっては致命的です。

「特定外来生物とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。」

今回の場合は、生態系に影響を及ぼすもの、又は及ぼす恐れがあるものということなのでしょう。
(生態系に影響を及ぼすもの=在来種との交雑や、エサなどを奪い合う恐れがある)

指定が検討されている外国産マルバネが本当に国産マルバネの生態系を脅かす存在であるならば、特定外来生物への指定は大賛成。
ただ、個人的には外国産マルバネが国産マルバネの生態系を脅かす存在とは全く思えないんですよね。

そもそも外国産マルバネは一部の種類を除いて繁殖して増やしても人気がなく高値では売れませんし、国産に比べてカッコよくも無く飼育者は他のクワガタに比べて圧倒的に少数です。
国産マルバネが棲息している南西諸島の方々が、わざわざ外国産マルバネの飼育なんかしないと思いますし、たとえ飼育したとしても生態系に影響を与えるくらいの量(そのウチの一部が逃げてしまったら)を飼育するとは思えません。

内地の飼育者がわざわざ南西諸島に放虫しにいくことも無いでしょう。
日本国内で外国産マルバネが採集されたことも聞いたことはありませんしね。
(アカマルバネの漂流個体と思われるものが与那国で見つかったことはあったみたいですが)

生態系を脅かす可能性はほぼ無いかと思います。

でも、少しでも可能性があるとしたら、やっぱり指定は仕方が無いことかとは思います。

餌を食べないといわれている国産マルバネですから成虫どおしの生存競争は発生しませんが、幼虫の生息場所は同じか近いため、幼虫どおしの生存競争は発生します。
爆産種のマルバネだけに一度増えてしまったら取り返しのつかないことにもなりかねません。

そう考えるとやっぱり指定は已む無しかもしれません。

外国産マルバネの指定による影響は、少数の愛好家と少数の業者のみになりますから指定するほうも気が楽でしょうね。

特定外来生物の指定がどのようなプロセスで決定されているかは調べていないので分かりませんが、外国産マルバネの指定を推進したい人たちが居ることは確かなことなんでしょうね。
その方達が、どれくらいの情報を元に生態系を脅かす可能性があると判断したのか是非とも知りたいです。

交雑の可能性、日本の環境での定着の可能性などを十分に確認した上で指定検討に入っているのであれば気持ち良く従うのですが、多分、そんなコストはかけて無いのでしょうね。

納得感の無さが悲しすぎます。

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プチ爆発!

限界チャレンジ中のマキシムスマルバネ。

割り出しを実施。
中ケース、小ケースの2セット体制から中ケース×2セット体制に変更。

今回のセットはマエダさん大ケースに使っていた自己採の赤枯れ材から作成したマットを利用した中ケース。
マキシムス&中ケースでどうなるのかの実験も兼ねていました。

割り出し前の時点で245個。

どさっ。



卵ありました!

結果~



28個。
プチ爆発発生です。
200個産卵を超えている状況で、この結果はビックリです。

マキシムスのマット適応の幅が広いのか、中ケースが良かったのか・・・
可能性としてはマキシムスのマット適応の幅が広いのでしょうね^^;

合計273個になりました^^;

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

ビッグマザー

超爆産中のマキシムスマルバネ。
産地と♀サイズは以下の通り。

産地:タイ ウィアンパパオ
サイズ:55mm

同時に出品されていたものの中で♀サイズの大きいものを落札した。
やはり飼育するなら目標はレコード(ギネス)!
♀サイズの大きさはレコードの近道だと思って居ます^^;

そんなマキシムスの採卵を実施。
現在までに225個。

今回は、中ケース駄目マットの回。



卵が見えてます。

結果、



20個。

合計245個になりました。
このマット、もう駄目マットとは言えないかも。
熟成が進んできたためか、粒子も細かくなって来た気がします。

現在セット中の中ケースでも既に底に卵が見えて居ます。
このビッグマザーは、いったいどれだけの子孫を残そうとするのか?

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

プロフィール

miwa♂

Author:miwa♂
クワカブ採集飼育&食べ歩きの雑記です。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理者メニュー